猫の歩く範囲とその危険性(海外ニュース) 2012年8月14日05:30:00














LIST

nekositen news

猫の歩く範囲とその危険性(海外ニュース) 2012年8月14日05:30:00

猫とGPS

アメリカ コロラド州 ボールダー 猫の歩き回る領域とその危険性についての研究がされています。


出典

http://www.dailycamera.com/science-environment/ci_21286438/csu-study-gives-boulder-cat-owners-glimpse-lives-gps?source=rss

http://www.kittycams.uga.edu/

 コロラド州立大学の博士号を有する学生による進行中の研究のおかげで、現在ボールダーの西の端の近くの猫の飼主は、彼らの猫友達の秘密の生活をこっそり見る機会があります。
 コロラド州立大学の博士号を有する学生による進行中の研究のおかげで、現在ボールダーの西の端の近くの猫の飼主は、彼らの猫友達の秘密の生活をこっそり見る機会があります。
アシュリーGramza氏は、ボールダーの都市開発地が広大な西側オープンスペースの土地と隣接する地域に住んでいる30匹の子猫にGPS首輪を取り付けることを望んでいます。
首輪(シーズンごと二週間を超える期間にわたり、15分の間隔で猫の所在のデータを集めます。)はハーネスに付けられ、空を向くようになっています。これにより、彼らは頭上の衛星との交信を果たすことができます。
Gramza氏の目的は、飼猫がオープンスペースにおいてどれくらい遠くでまで行くか、そして彼らがどんな危険に直面するかよりよく理解することです。
Gramza氏は言います。
「ボブキャット、クーガーとコヨーテがこの市街地のエリアに住んでいるということを我々は知っています。」
「しかし、我々はどれくらいの飼猫がその地域に踏み込んでいるかについては、本当にわかりません。」

 現在のところ、Gramza氏はちょうど7匹の猫をつかまえたので、都市の端の近所に住んでいる人々とさらに西の地域に住んでいる人々(例えばフラッグスタッフ・マウンテン)を含む西オープンスペース地域の175メートル以内のボランティアを彼女は探しています。
プロジェクトの契約をすることによる猫の飼主の利益の1つとして約束することは、彼らの猫が行くところの神秘に、光を投げ掛ける地図を与えるということです。
それは、クリス・チャンドラー氏(その人はボールダーのパイン近所北の湖に住んでいます)を説得して彼女の2匹の猫(トトロとリンゴ)を契約するようにした約束の一部でした。
「何年も前に我々には別の飼猫がいました。ある日彼女は3週間姿を消し、無事に帰ってきました。」と、チャンドラー氏は言いました。
「我々はカムを猫に付けたいと常に冗談を言いました。この研究は私達が考えていたことに最も近いものです。」
チャンドラー氏は彼女の現在の飼猫が遠くは歩き回らないと思います。しかし、彼女は彼らがどのように屋外の時間の一部を過ごすかについて見たがっています。

 Gramza氏は猫を確認することができて経過を追うことができるように、彼らの猫が冒険から家に持ってくるどんな獲物も保存しておくように参加者に頼んでいます。
「我々は猫がどこまで遠くに行くかと、どのくらい多くの獲物アイテムを持ってきているのかが関係があるかどうかを調べています。」
と、彼女は言いました。

 プロジェクトは都市開発地に比較的近いオープンスペース・ランドに25台のモーションアクティベートカメラの設置を含みます。
このアイデアはどれくらいの猫がオープンスペースを訪問しているか、ならびにどれくらい他の種がそのまわりで歩き回っているか知り、猫に危険をもたらすか把握するこです。
これまでのところ、Gramza氏は野生の猫がボールダーにいることを示す多くの証拠を集められていません。
「自然のままの猫の個体数ではありません。人々が餌を彼らに与えていないから、このような健康的な肉食獣の人口があるのか私には分かりません。」

 ボブキャット、クーガーおよび猫のそれぞれのテリトリーがある程度重なることをカメラは示しました。それは、猫種が互いの間で病原体を潜在的に移す懸念があるということです。
そして、カメラはいくつかの他の面白い生物(珍しいカコミスルを含む)のイメージも捕らえましたが、少なくとも1つの出来事として、カメラはより大きな捕食者と対話している家猫のスナップを撮りました。
Gramza氏は猫とコヨーテの対決の写真を撮りました。

以下のページは「キティカム」にて歩き回る猫を調査する他の取り組みです。


出典元
http://www.kittycams.uga.edu/

ようこそ!「キティカム」
ビデオ・カメラで装備しているペットをモニターすることによって、キティカム研究は、飼猫の屋外の活動の性質を調べました。
キティカムは、行動を中断させることなく猫が見るもののレコーディングをします。
ジョージア州 アテネで都会に住む自由に歩き回っている猫の活動を調査するために、我々はキティカムを使いました。
目的は野生生物保護、そして健康を増進するペットの猫の幸福です。

関連記事:ボブキャットフィーバーとは(海外ニュース)

関連記事:ロンドンは猫が住みにくい町?(海外ニュース)

関連記事:2日間耐える猫あらわる。(海外ニュース)

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 猫は室内のみで飼うほうが、怪我も病気も少ないことは確かなようです。
ことにアメリカですと日本よりも危険な生物が外に存在するようですし、蚤からボブキャットフィーバー等の病気も移ることがあります。
イギリスロンドンでも猫の命が9つでは足りないかもしれないという記事も以前ありました。
でも猫の行動パターンを分析して、どのように道草をくってるのかルートやなにをしているのかといったことには、興味が惹かれますね。
うちの飼猫クロは隙あらば外に出ようとしますが、好奇心旺盛で人懐っこいので広くいろんなところに行きそうです。
まあ・・・出しませんけど・・・