2日間耐える猫あらわる。(海外ニュース) 2012年7月28日02:30:00














LIST

nekositen news

2日間耐える猫あらわる。(海外ニュース) 2012年7月28日02:30:00

2日間耐えた猫

フロリダ州 エバーグレースの2日間の間、蛇、ワニ、ヒメコンドルなどの中、彼は恐怖をものともせずじっとしていました。


出典

http://www.southflorida.com/news/fl-lake-worth-cat-rescue-20120720,0,2894960.story

 サム(11才の灰色のネコ)の飼主ニッキーSaltzburg氏(34)は、月曜日にネープルズの東のアリゲーターアレーで車両事故にあいました。
 サム(11才の灰色のネコ)の飼主ニッキーSaltzburg氏(34)は、月曜日にネープルズの東のアリゲーターアレーで車両事故にあいました。
サムは薮に駆け込み、その後行方不明になり心配されていました。
しかしながら、ソーシャルメディアと面識もない方の厚意のおかげで、サムは飼主とすぐに会うことができました。

 Saltzburg氏はサムの救出時について、「私は信じることができませんでした。」といいます。
「私はそのとき言いました、『からかっているんでしょう?』」
金曜日にSaltzburgs氏はそれらの苦難から回復し、親類を訪ねレークワースに居ました。
彼らは、最愛の猫が安全だったということを知って興奮していました。

 Saltzburgd氏は彼女の夫マラ(40)、猫のサム、彼らの生まれたての息子パーカーとロサンゼルスからマイアミまで移動中、月曜日の午後3時頃に事故が起こりました。
サムは、助手席でキャリーに入っていました。
Saltzburg氏はインターステート75を、ビッグサイプレス国立保護区に向かっていたところ、別の車が彼らの車に衝突したため、ミニバンを制御できなくなりました。
「それは本当に恐ろしかったです。」とSaltzburg氏は言いました。
彼女のミニバンがハイウェイを離れて木に突っ込んだあと、Saltzburg氏は猫を探したことを憶えています。
サムのキャリーは、もはや助手席にありませんでした。
それは、窓から放出されていました。
ミニバンから引き離された後に、Saltzburg氏(彼女はわずか2、3日齢であった時から対麻痺患者でした)は芝生で壊れたキャリーを発見しました。
Saltzburg氏は複数の傷口から出血し、朦朧としていました。マラは骨盤が折れ、苦しんでいましたが、彼らの幼い息子パーカーは、幸い無傷でした。
Saltzburg氏は猫を探したかった。
しかし、そうすることができませんでした。
彼ら全員、病院へ搬送される必要がありました。

 「その時、私は打ちのめされました」と、Saltzburg氏は言います。
Saltzburg氏はサムが8週目の子猫であった時から一緒でした。
そのサムを探すことができない、ここに残さなければならないことをその時理解しました。
この家族は3月に飼犬のハーシーを病気により突然亡くしており、このことを長く嘆いていました。
もう一匹のペットを失うことは受入れるのが難しかったと、彼女は言いました。
サムについて尋ねられると、時折いたずら好きな所を見せる偉大な「居眠りしている仲間」で愛すべきペットであると言いました。
そして、「彼は男で、フルネームはサミュエル・オリバーSaltzburgです。」と付け加えました。

 animal advocateであるカミール Loge氏はSaltzburg氏の母であるキャシィSantomero氏(61)からその話を聞きました。
Loge氏は迅速にフェイスブック上の彼女の『カミールのRescue Page』で行方不明のサムについてポストし、水曜日の早い時間にクレイグのリストに広告を貼りました。
Loge氏は、サムは生き残りのためにとても危険にさらされている、捜索隊をつくって猫を探しに行こうと提案しました。
そうしたところ、水曜日にキャサリーン・サリヴァン氏(ネープルズのthe Brigid's Crossing Foundation cat sanctuaryで働いています。)は、サムを探すために、彼女の夫クリストファーとドライブしてくれました。
そして、事故現場のマイルマーカー97の近くに着いたとき、彼らは猫が薮の中にいるのを発見しました。彼は、衝突の現場から、かろうじて逃げていました。

 皆はサムが無傷で見つかったということに驚きました。
「その猫を見つける可能性は、ほぼ0でした。私はそれが絶対に奇跡であると思います。」と、Santomero氏は言いました。
「その場所には、蛇、ワニ、ヒメコンドルなどが生息しています。彼が生き残ったことに、私は驚きました。」と、Loge氏は付け加えました。
Loge氏は今サムの世話をしており、Saltzburgs氏が落ち着いたならば、彼女が彼をマイアミまで車るそうです。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 前回に続き、また「サム」という名の猫のお話です。「サム」という名前にはなにかあるのでしょうか?
この奇跡の猫は蛇、ワニ、ヒメコンドルなどが生息する場所では、動き回ると返って不利と考えてその場に留まったのかもしれません。
また、ソーシャルメディアを使った見知らぬ方々のご協力もあり、サムは助かったようですね。
迅速に話が伝わり、迅速に協力関係を作ることができるのはソーシャルメディアの強みですね。
猫の「サム」は、これからは車とは悪い縁がないとよいですね。