ロンドンは猫が住みにくい町?(海外ニュース) 2012年8月4日05:30:00














LIST

nekositen news

ロンドンは猫が住みにくい町?(海外ニュース) 2012年8月4日05:30:00

イギリス ロンドンの猫

イギリスの猫が450の命を必要とする理由


出典

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2177115/Why-cats-capital-need-450-lives-Owners-London-50-times-likely-claim-insurance-ill-injured-felines.html?ITO=1490

 猫は通常9つの命を持っていると言われています。しかし、ロンドンのそれらはより多くを必要とするようです。
 猫は通常9つの命を持っていると言われています。しかし、ロンドンのそれらはより多くを必要とするようです。

 首都ロンドンの飼主が病気になったか負傷したペットのために保険金請求をした数は、最も安全な場所(ベリー・セント・エドマンズ)より50倍も多くなりそうです。
Co-operative pet insurance groupの調査によると、サフォーク・マーケットタウンの飼主は一般的に『低レベルな事柄』で請求します。例えば花粉症による請求が車とぶつかって傷ついている猫または、他の動物との戦いによって傷ついた時よりも多いです。

 他の安全な場所は、アベリストウィスとチェシャーのオルトリンシャンでした。
レディングやブリストルよりもロンドンは最も危険な都市でした。
ロンドンでの請求で最も大きい事柄は、野生や野良の動物と戦った後、治療を必要としている猫のためのもので、15パーセントを占めます。

 RSPCAは、首都の野良猫の数が最高を記録したと警告しました。
現在イギリスに200万頭存在し、それらの10分の1がロンドンにいると慈善団体は見積もります。
60年代に活躍したモデルのセリア・ハモンド(現在動物の慈善団体を運営しています。)は、ロンドンの野良猫の状況に関して『制御できない』と言いました。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 イギリスでの猫保険のニュースです。ロンドンが一番請求が多いと記述されています。
しかも、請求内容も重大なものが多いようです。人が集まるところに野良猫も集まりますので、なわばり争いは多いかもしれませんね。
もしかして、ロンドンでは猫の室内飼いが少ないのでしょうか。