ボブキャットフィーバーとは(海外ニュース) 2012年5月13日3:00:00














LIST

nekositen news

ボブキャットフィーバーとは(海外ニュース) 2012年5月13日3:00:00

ボブキャットフィーバー

アメリカよりボブキャットフィーバー(Cytauxzoonosis)についての記事です。


出典

http://www.sciencedaily.com/releases/2012/04/120418162258.htm

 「Lone Star ticks」というダニは近年、国中で広がっており、ボブキャットフィーバー等の多くの病気を引き起こす悪名高いキャリアーです。
 「Lone Star ticks」というダニは近年、国中で広がっており、ボブキャットフィーバー等の多くの病気を引き起こす悪名高いキャリアーです。
その結果、国土を多く歩いた猫は致命的な疾病にさらされています。

 ミズーリ大学の獣医で小さな動物の病気を扱っているレア・コーン氏とノースカロライナ大学のアダム氏は、この危険な病気について効果的な治療法を発見しました。
コーン氏は言います。以前の治療法では、感染した猫の25パーセント未満しか救えませんでした。
しかし、私たちの方法は国中の獣医によって使用されており、感染した猫の60パーセント程を救えることが判明しました。私たちの方法はその病気と闘うための最初の有効なものです。

 ボブキャットフィーバーは虎やライオン等も含むすべてのタイプの猫に感染します。感染するのは猫だけです。
コーン氏は猫が感染から非常に早く痛みを伴う死を迎えることから、この病気を猫のエボラウィルスだと言います。

 ボブキャットフィーバーはダニの一噛みによって簡単に広まります。その病気は、非常に速く作用し猫が病気の兆候を示し始めた後、1週間未満で猫は死んでしまいます。
従って、猫が病気と思われたらすぐに獣医の治療を得ることが重要です。その病気の初期症状は怠惰および食べることに対する拒否を含んでいます。

コーン氏は言います。猫の飼主がボブキャットフィーバーを防ぐには猫を可能な限り部屋の中にいさせることです。
また、飼主が犬も飼っている場合、犬にダニ対策の首輪をつけることです。
犬はこの病気に大して弱くはありませんが、感染したダニを室内の猫に媒介することがあります。
また、犬のダニ対策の首輪について、猫に害を及ぼすような成分が含まれていないか獣医に確かめる必要があると言います。
(注意※薬剤のペルメトリン等、犬には害はないが、猫に害を及ぼす薬が使われていないかどうかを獣医に確認するということだと思われます。正確な表現は出典元をご覧ください。)

 コーン氏は、これからの研究によってボブキャットフィーバーから猫を保護するためにワクチンの作成が必要だと言います。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 病気の兆候を示してから1週間とたたずに死んでしまうとは、進行が速い恐ろしい病気ですね。
ダニから感染するという事実も厄介です。そのダニに噛まれたことが猫を見ただけでは分からないでしょうし・・・
まずは予防が一番ということなのでしょう。