みんなで大きい猫を探そう(イギリス) 2012年8月22日2:30:00














LIST

nekositen news

みんなで大きい猫を探そう(イギリス) 2012年8月22日2:30:00

ナショナル・ビッグキャット・ウォッチ・ウィークエンド

イギリス スコットランド ストラスブレーン 大きな猫の証拠を探すためボランティア募集。


出典

http://www.milngavieherald.co.uk/news/local-headlines/paws-for-thought-after-big-cat-seen-1-2477905

 スコットランド ストラスブレーンでの最近の大きい猫の目撃情報と映像記録の増加により、
 スコットランド ストラスブレーンでの最近の大きい猫の目撃情報と映像記録の増加により、
新しい調査で彼らが向こう側に存在するという具体性のある証拠が掴めようとしています。

ナショナル・ビッグキャット・ウォッチ・ウィークエンド

が2012/8/24金曜日から日曜日まで開催されます。
大きな猫の証拠を特定地域で探すために主催者がボランティアを集めています。

 そのようなボランティアの一人、エマ・McCreadie氏(27)は、ストラスブレーンで2匹の大きな黒毛の猫を見たと主張する男性と接触していました。
エマ氏(ストラスブレーン在住で「大きい猫腕時計」を友人と一緒に身に付けています。)は、以下のように述べました。
「彼は外に犬の散歩に出かけました。、すると、コリー犬ぐらいの大きさで顔は猫そのもの、とがった耳と長く黒い尾を持つ2匹の動物に遭遇しました。
「大きな猫は7月27日に乗馬厩舎の近くのフィールドを走って横切っていたと、彼は言いました。」

 工場労働者は非常にたくさんの目撃例がキャンプシーエリアであったといいます。
そして、それがDangerous Wild Animals Act 1976が施工された後に故意に解き放されたか、監禁から逃げた動物の子であると思っています。
Dangerous Wild Animals Act 1976が施工された後は、特別な施設なしでそのような危険な動物を飼うことは違法となります。

 ナショナル・ビッグキャット・ウォッチ・ウィークエンドの主催者であるマーク・フレーザー氏は
「我々はこれらの目撃情報をバックアップするため、具体性のある確かな証拠を求めています。
目撃証言の90パーセント以上は大きな黒い猫であったことがわかります。しかし、我々は彼らが存在するということを知っています。」
1980年にピューマがインヴァネスの外側で捕らえられたことがあります。
私が取り組んだリンカンシャーのケースでは、復元された毛が黒毛のヒョウのそれであると分かりました。

 人々は彼ら自身で選んだ地域で、週末の全て、1日のみ、夜のみまたは2、3時間でも注視することで、この催しに参加することができます。

 2010年1月にある年金生活者の女性がミルンゲイヴィ ダングラス・プレイスにある自分の庭において、雪の中で大きい猫の足跡をどのように見つけたかについて述べました。
その発見は、その冬ミルンゲイヴィの一連の観測に続きました。
女性は、M&Bヘラルドに語りました。
「私はウインドウの外を直視して、それが通りを歩いて来るのを見ました。
それは高さおよそ4フィート(約1.2192メートル)であったにちがいありません、それは緑の目でした。」

イギリスの大きな猫関連記事


関連記事:スコットランドにて大きな猫のような動物を目撃!!
関連記事:ウィンチコムでも大きな猫のような動物を目撃!!
関連記事:カメラが捕らえたスコットランド山猫
関連記事:正体不明の「大きな猫」!証拠発見か(イギリス)
関連動画:正体不明の「大きい猫」動画まとめ(イギリス)

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 ボランティアによりビッグキャットの証拠を探す催しでしょうか?
気軽に参加できる感じが良いですね。
このような大きい猫を探す取組みは、もともとイギリスのあちこちで行われているのでしょうか?
それとも目撃情報が増加しているため、取組みが多くなっているのでしょうか?
目撃情報が多くなっているとすれば、大きい種類の猫の個体数が増えているという可能性もありますね。
ますます関心は高くなるばかりです。