正体不明の「大きな猫」!証拠発見か(イギリス) 2012年5月26日23:30:00














LIST

nekositen news

正体不明の「大きな猫」!証拠発見か(イギリス) 2012年5月26日23:30:00

大きな猫のミイラ

イギリスにて正体不明の「大きな猫」の証拠を発見


出典

http://www.northern-scot.co.uk/News/Walker-photographs-evidence-of-seriously-18052012.htm

 スコットランドマレーの住人はスコットランドマレーカレンの周りの田園地帯で犬の散歩をしているときに、「大きな猫」と呼ばれているものの証拠を捕らえました。
 スコットランドマレーの住人はスコットランドマレーカレンの周りの田園地帯で犬の散歩をしているときに、「大きな猫」と呼ばれているものの証拠を捕らえました。
ロバートソン氏によって撮影された不明な動物がバックプール、ポートゴードンにて目撃された動物と同じかどうかは分かりませんが、バッキー・エリアでは過去数週間「大きな黒い猫」を見たという報告が多数されていました。

 ロバートソン氏は「ノーザンスコット新聞」に状況を伝えました。
彼は月曜の朝に、カレンビーチ近くの海岸の道路で妻(ポーリン)と外にいたときにそれを見つけました。大きな猫の死体でした。
死んでいる動物は大きな家猫のサイズの少なくとも2倍であり、漆黒の皮とおよそ18インチ(約45.72センチ)の尾がありました。
さらに、彼はそれが巨大な上下の牙を持っていたと言いました。
私はそれを見つけた時、衝撃を受けました。私は踏み慣らされた道が途絶えるまで多くの丘を歩きます。
偶然発見したのはまさにそのときでした。

 過去の「大きな猫」目撃証言
4月16日にポーテーシーのビルぺーターソン氏はバーンオブラスベンの雑木林、バーンサイド墓地そばで彼の犬を散歩させているときに大きなラブラドール犬ほどの猫を見ました。
2月にポートゴードンの住人が村の古い鉄道路線のそばで大きい猫を目撃しました。
その週の終わりに、同一の動物は、数日で2度バックプールゴルフクラブで目撃されています。

 ボブ・ウォーレス(英国の「大きな猫」のエキスパート)は、死んでいる猫は豹か豹のような実際の「大きな猫」より小さなサイズなので、豹等ではないだろうと言いました。
但し、この死んでいる猫が豹等の子供ではないということを否定するものではありません。
ほかの可能性としては、大きな野生化した猫や、ケラスの猫(ハイブリッド猫)として知られているものがあります。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 ひさしぶりに「大きな猫」ニュースです。
過去2回「大きな猫」ニュースをとりあげましたが、決定的な証拠はありませんでした。
人間の居住地にラブラドール犬ほどの「大きな猫」がうろついている。
こういう目撃証言はイギリスでは多いようです。
イギリスでは昔、豹のような動物をペットとして飼っていた家があると聞きます。そのため、目撃証言が多いのかもしれません。
今回このように写真が撮られていますが、結局死体がどうなったのかまったく記述されていないので、このままうやむやで終わってしまうかもしれませんが、続報あればお知らせします。