ウィンチコムでも大きな猫のような動物を目撃!! 2012年4月22日19:00:00














LIST

nekositen news

ウィンチコムでも大きな猫のような動物を目撃!! 2012年4月22日19:00:00

タンブリッジ氏

またもやイギリスにて大きな猫のニュースをお伝えします。


出典

http://www.thisisgloucestershire.co.uk/Big-cat-hybrid-beast-expert-claims/story-15848136-detail/story.html

 イギリス ウィンチコムにて歩き回るのを目撃された大きな動物は、足跡から異種交配によって生まれた巨大な猫の可能性があるとのこと。
 イギリス ウィンチコムにて歩き回るのを目撃された大きな動物は、足跡から異種交配によって生まれた巨大な猫の可能性があるとのこと。
ビッグキャットトラッカーのフランク・タンブリッジ氏は何がウィンチコムで目撃されたのか確かめに行った。
目撃者のキース・ベイカー氏およびキャリー・ショート氏は家の近くで撮られた大きな黒い動物の動画を彼に見せた。
彼らは、それがパンサーあるいは黒豹であると信じており、ベイカー氏は少なくとも10回は見たとのこと。
「それはパンサーに間違いありません。普通の猫ではありえないくらいの大きさだった。」
「それが私たちの通りの近くの最初の塀のまわりを歩くのを見て、私が1ヤード(0.9144メートルほど)内まで近づいたら私に向かってうなった。」

 タンブリッジ氏は今回の動物の巡回パターンが大きな猫の特徴と一致していないため、ピューマやパンサーではないと断言した。
「巡回パターンからは、飼い猫のように思えるが、普通の猫では考えられない大きさだ。この動物はラブラドール犬ほどの大きさがある。
「グロスタシャーの至る所で生息していた野生化した猫が異種交配によって生まれた新種ではないかと考えている。」

 町を歩き回る大きな猫についての噂は何年も伝えられていた。
イギリスでは危険野生動物法が1970年代に導入された時、多くの大きな猫は荒野へ解放された。
タンブリッジ氏はそれら普通の猫と大きな猫の中間の動物は国の至る所にたくさん生息していると言う。
「一種の大きなブリティッシュブラックキャットだが、これらの動物は野生化した猫のような反応を示しており、自らは誰も傷つけないと考えられる。」
「地方の開発が増え、これらの猫が表に出てこざるを得ず、目撃情報が増えたと考えている。」

 彼はDNA分析をするための毛皮のサンプル、糞、ウサギの骨(猫に食べられたと考えられている。)を取得した。
この結果が出るのは数週間を要するとのこと。

※翻訳は100%保障するものではありません。
海外の話であり、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。