ニャンコパワー

↓特集↓
有名猫
猫サバイバー

ペット(猫) ブログランキングへ
ペット(猫) ブログランキングへ

連絡先

 

 

 

2017年3月15日05:00:00 カテゴリ:その他

仲良しの想い出・母とすず

母とすず

母と「すず」は素晴らしい想い出を作っていたのです。


私の母が一昨年逝去いたしました。


母は施設に入っていました。
毎週欠かさずお見舞いに行っていたのですが、
認知症のため私のことが分からなくなっており、
自分の兄弟(の誰か)だと思っていたようです。


私が尋ねると、母はいつも嬉しそうに迎えてくれました。
母:「来たの〜」
私:「来た」
私:「調子はどう?」
母:「いいよ〜」
私:「テレビ面白い?」
母:「うん」
私:「(窓の外に)いつもの鳥来た?」
母:「うん」
私:「手の運動する?」
母:「うん」


会話はいつも同じことの繰り返しで、
他には窓の外の家をただ一緒に見たりしていました。


ここでマンネリを打破したのが小さな猫のぬいぐるみ
母は家の三匹の猫のうち、「すず」を特に可愛がっていました。
さすがに猫を連れていけないので、猫のぬいぐるみをベッドの横に置いていましたが、
これを「すずちゃんよ〜」と言いながら動かしてあげると、
母は暖かい目で顔をほころばせながら、とても喜んでいました。


アルツハイマーは新しい記憶から分からなくなると言います。
私が猫を家に迎え入れるまで、母は猫や犬を嫌っていました。
私のことはあやふやですが、「すず」のことは覚えています。
このことだけでも猫を迎え入れて良かったと思えました。


・・・しかしながら、不幸というものは突然訪れるものです。
ある日施設から母が急変したとの連絡を受け、急ぎ車を走らせました。
死に際には間に合わず、到着した時母は穏やかな顔で横たわっていました。


勝手ながら私はあと5年くらいは見舞いに来られると考えていたので、
心がついていけませんでした。
非常に打ちのめされたこと、鮮明に覚えています。
今でも朝起きた時に、一瞬寝ぼけているのでしょう。
母がいると思ってしまい、呆然とする時があります。


家には3匹の猫がいます。
この子達が旅立つことは考えたくないですが、いずれはそうなることでしょう。
その時はできるだけ母と同じ墓に入れてあげたいと考えています。
方法は限られるかもしれませんが、そう考えています。
それまでは私と一緒に「想い出」を作っていきましょう。



↓ブログランキングはこちら

ペット(猫) ブログランキングへ
ペット(猫) ブログランキングへ




猫に関するニュース、まんが、健康、ファッション、動画等を紹介します。

RSS1.0 RSS2.0 Atom

猫ニュース
猫まんが
猫の健康
猫ファッション
猫動画
その他
.ホーム > その他