なぜ首輪が必要か?(海外ニュース) 2012年8月17日05:00:00














LIST

nekositen news

なぜ首輪が必要か?(海外ニュース) 2012年8月17日05:00:00

猫と首輪

アメリカ 室内飼の猫でも首輪が必要な理由について


出典

http://www.veterinarypracticenews.com/web-exclusives/new-study-reveals-most-cats-will-wear-collars.aspx

 猫のほぼ73パーセントは、6ヵ月の勉強時間の間に一貫して首輪をつけました。
 猫のほぼ73パーセントは、6ヵ月の勉強時間の間に一貫して首輪をつけました。
この統計(オハイオ州立大学)は獣医がペットを識別する重要性を猫の飼主と協議するのに役立つことができます。
調査の筆頭著者であるリンダ・ロード博士(DVM、博士、獣医の予防医学の准教授)は言います。
飼主に屋内のみで飼う猫でも「ID」のため首輪をつけてくだいと納得させるのは「相当な苦戦」です。
多くの人々は以下のような真実と信じるものを持ちます。
猫は首輪を許容することができないので付けられない。
猫にとって首輪は危険である。
「現在、ペットの飼主はこの研究を見ることができます。そして、おそらく飼主は猫を飼うとき、飼猫にIDとして首輪を付けられると考えるでしょう。仮に猫がいなくなった場合を考えると、IDタグのついた首輪は猫が飼主の元に返ってこられる大きなチャンスとなるでしょう。

 研究者は、オハイオ州、フロリダ大学、テキサスA&M大学とコーネル大学の獣医学学部から、338人の飼主による合計538匹の猫を対象としました。
32匹の猫はいろいろな理由のために研究から外れ、506匹の猫となりました。
猫は、3種類の首輪の1つを付けるよう無作為に割付けされました。
プラスチック・バックル首輪 分離首輪、またはゴムが伸びる安全首輪です。
391匹の猫(72.7パーセント)が全ての6ヵ月の勉強時間の間首輪を着けていられたことが、調査で明らかになりました。
6ヵ月の間首輪をうまく付けれなかった115匹の猫の飼主は、以下の理由を報告しました。


  • 猫は、首輪を失いました。(7.1パーセント)

  • 猫は、過度に首輪をひっかきました。(4.8パーセント)

  • 首輪がとれ続けたので、付けないことを選びました。(3.3パーセント)

  • または、首輪は猫の口の中、または物の上で動きませんでした。(1.5パーセント)


 マーガレット・スレーター博士によると、一般に知られているようにプラスチック・バックルによる首輪はあまり取れませんでした。
ゴムが伸びる伸縮性の首輪は時々すり切れる点があり、一組の分離首輪は分離しない時がありました。
飼主に対しては首輪を度々チェックするように言うことが重要です。
この研究により、猫が6ヵ月の間首輪を付けることができなさそうだったのは、猫が適度にまたは、すんなりと首輪を受け入れることを飼主が想定していないか、首輪が外れて飼主が付け直したことが1回以上あるというケースです。
飼主の想定は猫が首輪を付けるかどうかの一部分を占めています。
何人かの飼主は、首輪がとれたならば5,6回猫に首輪を付け直しました。
首輪を外すことができる脱出王フーディーニのような猫には無駄かもしれません。
猫は首輪を失くすこともあります。そして、飼主はそれを取り替えるべきかどうか決めなければなりません。

 研究結果は全体として、飼主の予想を上回りました。


  • 303匹(56.3パーセント)の猫の飼主はペットは想定したより首輪を許容したと言います。

  • 167匹(31パーセント)の猫の飼主は彼らの猫が想定通りにふるまうと言いました。

  • 43匹(8パーセント)の猫の飼主は想定より、首輪のある彼らのペットのふるまいが悪いと言いました。


猫の90パーセントの飼主は研究の後、猫の首輪を付けたままの予定であると話しました。
首輪を付けないと決めた飼主は、それが首輪自体に関する問題によるものか、室内飼の猫であるという事実のいずれかに起因すると考えていました。

 スレーター博士は、首輪のIDの重要性について、客と対話をする獣医にメッセージの補強としてこのデータを使うことを推奨しています。
会話により情報を取り入れたい飼主にとって、首輪の正しい装着(例えば、首と首輪の間に2本の指が入るスペースが必要等)を説明することが重要です。
猫が1つの首輪を許容する前に、飼主は異なる種類の首輪を付けてみる必要もあるかもしれません。
「獣医は、飼主が首輪の使用について現実的な想定をすることを手伝う必要があります。」と彼女は言いました。
首輪IDに加えて、研究者はマイクロチップが役に立つバックアップであると指摘します。
登録された全ての猫は、研究のためにマイクロチップを埋め込みました。首輪とマイクロチップの両方が彼らの住所を示しています。
例えば首輪のID情報により、迷った猫を飼主に返すとわかる「よきサマリア人」に、それは有用であるとのことです。
「猫は、シェルターに行くことなく家に帰ることができます。」
何かの理由で首輪を落とし、猫がシェルターに持ってこられるならば、シェルターが猫を調べるとき飼主を特定することができます。

 彼女はこの研究の概念を拡大する研究に取り組むことを望んでいます。
また、彼女は子猫が首輪を受け入れる調査するのも好きです。
早い年齢で子猫を首輪に慣れさせることは、それを長期の苦労をより易しくするかもしれないと、スレーターは言いました。
“Evaluation of collars and microchips for visual and permanent identification of pet cats,”がthe Journal of the American Veterinary Medical Associationの8月号で発表されました。
フロリダ大学のブレンダ・グリフィン氏(DVM、dipl.ACVIM)、そして、ジュリー・レヴィ氏(DVM、博士、dipl.ACVIM)は、研究の共著者でもありました。
研究は、シェーリング-Plough HomeAgain LLC(The Humane Society of the United States and the Petco Foundation)の支援で行われました。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 獣医さん向けの資料のようです。IDを付与するために首輪が重要であり、首輪を付けるのは実はそんなに難しくないという結果を示しています。
私はこの研究にさらに付け加えて、室内飼の猫が外に出てしまう確率を示してIDの重要性を補強したり、首輪による事故がどれだけあるかを示して首輪の安全性を強調する部分があれば良かったと考えています。
首輪が危険かもしれないと考えている飼主さんは、首輪による事故の可能性が少しでもあるならば、つけたくないと考えているのではないでしょうか。
私は飼猫が首輪を付けるのを嫌がったので、まだ付けていません。まさに研究のとおり、5,6回は付け直してあきらめています。
暇なときに、かわいい感じの首輪を探してみるとしましょう。