猫と脳腫瘍の関係(海外ニュース) 2012年8月23日12:00:00














LIST

nekositen news

猫と脳腫瘍の関係(海外ニュース) 2012年8月23日12:00:00

猫と脳腫瘍

猫の飼主は、脳腫瘍にかかる確率が「ペットを飼わない人々」と同様であり、関連性がないという新しい調査が発表されました。


出典

http://www.livescience.com/22580-cat-brain-cancer-t-gondii.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+Livesciencecom+%28LiveScience.com+Science+Headline+Feed%29

なぜ、猫と脳腫瘍との関連が話題になっていたのか


なぜ、猫と脳腫瘍との関連が話題になっていたのか


 2011年にトキソプラズマ原虫と呼ばれている寄生虫への感染が人間の脳腫瘍発生との関連があるかもしれないと、研究者がジャーナルBiology Lettersの研究をリリースしました。

トキソプラズマ原虫はいろいろな哺乳類の中で生きることができて、しばしばマウスを感染させます。
しかし、繁殖するためには猫の腸に入る必要があります。(猫が最終宿主なので)
それは猫の小便の臭いがあるにも関わらず、感染したマウスに不思議な勇敢さを与えることによって達成するようです。
そして、おそらくマウスが食べられることをより促進します。

自然のトキソプラズマ原虫の感染者としての猫の役割があれば、飼猫が人間に寄生虫を感染させるかどうかに対する若干の懸念を、脳腫瘍の発見は自然に引き起こしました。
そして、脳腫瘍の危険を増加させました。
トキソプラズマ原虫は、神経症、精神分裂症と自殺未遂との関連もあります。

新しい調査の結果


しかしながら、伝染病学者ヴィッキー・ベンソン氏によってリードされるオックスフォード大学の研究者は、イギリスの国家ガン・レジストリで626,454人の同年齢集団の女性を分析した結果、猫の所有と脳腫瘍との間に全く関連を見つけられませんでした。
科学者は、ジャーナルBiology Lettersで2012/8/21に結果を報告します。

元の調査を発表した研究者の意見


モントリオール大学のフレデリック・トーマス氏(最初のトキソプラズマ原虫と脳腫瘍研究に関する研究者の1人)は、同じ記事で新しい発見に答えました。
「ペットの猫が彼らの飼主への健康リスクであるという見出しに、大衆紙が引かれるので、これは重要な発見です。」
と、トーマスと彼の同僚は書きました。
それでも彼らの発見は、寄生虫と脳腫瘍の関連の反証をあげていません。
ペットの猫は、トキソプラズマ原虫感染症の危険性を強く増さないと、研究者は書きました。
実際、洗っていない野菜と十分に加熱調理されなかった肉を食べることは、それより非常に強い危険因子です。

ベンソン氏らに関する研究は猫の飼主への再保証であるべきです。
しかし、トキソプラズマ原虫が脳腫瘍の危険性に影響を及ぼすかどうかテストしていません。
と、トーマス氏と彼の同僚は結論づけました。

↓↓以前にトキソプラズマ原虫が脳腫瘍との関連があるかもしれないとした海外記事↓↓


 科学者は、すでに神経症と精神分裂症との関連がある向精神作用性寄生虫は、脳腫瘍との関連もあるかもしれないとの調査です。

世界中で見つかるこの細菌は、トキソプラズマ原虫として知られています。
この寄生虫は猫が最終宿主であり、そこで彼らは繁殖します。
しかし、その時までは、彼らは多くの温血生きものの細胞に住んでいることができます。

 現実として、世界中の人間の3分の1は感染しています。
しかし、それは同時に人間の3分の1が脳腫瘍にかかることを意味しません。
また、「人は、猫を所有することについてうろたえていてはいけません」と、ラファティー氏は付け加えました。
「トキソプラズマ原虫が感染する危険因子は、本当に衛生的で十分に加熱調理されなかった肉を食べた場合の方がペットを飼うことより高いです。人々はそちらの方を心配しなければなりません。」

 不安なことに、トキソプラズマ原虫が人類により幅広い影響を及ぼすかもしれないという徴候があります。
例えば、細菌は神経症的傾向と精神分裂症との関連がありました。[The 10 Most Diabolical & Disgusting Parasites]
しかし、これまで、科学者は、それが脳腫瘍との関連があると思いませんでした。
科学者の放射線と農薬を含む環境要因の範囲を調べる等、相当な研究にもかかわらず、主な脳腫瘍の原因は不明なままです。
しかし、持続性の感染症は突然変異率を上昇させる炎症を誘発することによってガンを促進するかもしれません、そして、トキソプラズマ原虫は脳に特に潜みます。
「過去二十年間で科学者は、感染微生物がガンとの関連があるとわかっていました」と、ラファティー氏は言いました。

 研究者は、脳腫瘍と寄生虫と感染率の国際的な統計を見ました。
成人脳腫瘍は細菌による感染率が高かった国により普通にみられると、科学者はわかりました。
グローバルに、寄生虫は脳腫瘍の危険性の1.8倍の増加と関係していました。

残念なことに、それが人間に影響を及ぼすとき、それがしばしばある潜伏期の間に寄生虫を除く方法が、現在ありません。

ラファティー氏は、フレデリック・トーマス氏と彼らの同僚と一緒に、2011/7/27にオンラインジャーナルBiology Lettersで彼らの調査結果を詳述しました。

関連記事


関連記事:寄生虫が自殺リスクを高める?(デンマーク)

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 ※毎度のことですが、私には専門知識がないので、詳しい正確なことは原文をご覧になってください。お願いします。


 トキソプラズマ原虫が脳腫瘍と関連があるかどうかという記事です。
私は、以前の記事が国別の統計により、大まかな判断となっているように思えます。
対して、今回の調査ではイギリスの国家ガン・レジストリを使い、より詳しくきっちりと統計的に調べた結果だと考えています。
2011年の研究者のコメントですが、トキソプラズマ原虫が脳腫瘍の危険性に影響を及ぼすかどうかテストしていないというなら、
実際それがどのように影響するのかを証明するのが先だと思いましたが、科学一般に疎い私の考えなのでしょうか。
主な脳腫瘍の原因が不明なので、それは難しいし今の時点で求めるべきではないと考えますが・・・

 しかしながら、感染するのは洗っていない野菜と十分に加熱調理されなかった肉を食べたことによる感染が一番の原因なのでしょう。
それに比べたらペットから感染する危険は少ないようです。
日本は食品に対しては、口が肥えているというか、衛生面では大丈夫だと思います。
て、思ったけどユッケの件がありましたね。(アカン)

 猫からの収縮性トキソプラズマ症のリスクは比較的少ないです。
そして、妊婦は猫を追い払う必要はありません。
しかし、安全であるために、妊婦は猫のトイレ清掃(糞の片付けなど)をすることを避けなければなりません。
妊婦は猫のトイレの清掃をしなければないときは、ゴム手袋を着けてください。
そして完全に手を洗ってください。