寄生虫が自殺リスクを高める?(デンマーク) 2012年7月4日22:30:00














LIST

nekositen news

寄生虫が自殺リスクを高める?(デンマーク) 2012年7月4日22:30:00

猫とトキソプラズマ寄生虫

トキソプラズマ寄生虫と自殺リスクの関連性の研究(注:結論はまだでていません。)


出典

http://abcnews.go.com/Health/litter-box-parasite-toxoplasma-linked-higher-suicide-risk/story?id=16698365

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E

 トキソプラズマ(学名:Toxoplasma gondii)は、アピコンプレックス門コクシジウム綱に属する寄生性原生生物の1種。幅2-3μm、長さ4-7μmの半月形の単細胞生物で、ヒトを含む幅広い恒温動物に寄生してトキソプラズマ症を引き起こす。通常は免疫系により抑え込まれるため大きな問題とはなりにくいが、免疫不全の状態では重篤あるいは致死的な状態となりうる。特に妊娠初期に初感染した場合、胎児が重篤な障害を負うことがある。
 トキソプラズマ(学名:Toxoplasma gondii)は、アピコンプレックス門コクシジウム綱に属する寄生性原生生物の1種。幅2-3μm、長さ4-7μmの半月形の単細胞生物で、ヒトを含む幅広い恒温動物に寄生してトキソプラズマ症を引き起こす。通常は免疫系により抑え込まれるため大きな問題とはなりにくいが、免疫不全の状態では重篤あるいは致死的な状態となりうる。特に妊娠初期に初感染した場合、胎児が重篤な障害を負うことがある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E

 国際的な研究によれば、猫の汚物箱に潜む寄生動物により、自覚できない脳の変化を引き起こし、女性をより自殺しがちにするかもしれません。
妊娠した女性が猫の便、よく調理されていない肉、洗っていない野菜より拡散するトキソプラズマ寄生虫パラサイトに感染しており、もし生まれていない乳児にそれが感染すると誕生時にリスクおよび、脳障害のリスクがあるということを科学者は知っています。

 新しい研究はデンマークの45,000人を超える女性で検証されました。それらは共通の寄生動物によって感染した後、脳の変化を示しています。
メリーランド大学医学部精神病医および自殺神経免疫学エキスパート(テオドルT.Postolache博士)によって著された研究は2012/7/2一般精神医学の史料としてオンラインで公表されました。
研究で、トキソプラズマ寄生虫に感染した女性は感染しなかった人々より1.5倍自殺を試みるであろうことが分かりました。
血液中の抗体のレベルが上昇したように、自殺危険も上昇しました。相対危険度は猛烈な自殺未遂をする方にはさらに高かった。
「我々はトキソプラズマ寄生虫が女性に自殺しようとさせたと確実に言うことができません、しかし、我々はさらなる研究を正当化する「感染後の人生と自殺未遂の間に関係がある」との予測を見つけました。」
「我々が知らないたくさんのことがあります」と、彼はABCNews.comに話しました。

 自殺は、世界的な一般の健康問題です。Postlacheによれば、約1,000万人は自殺を試みます、そして、100万人は成功しています。
疾病管理予防センターによると、アメリカ合衆国の6,000万人以上の男性、女性と子供たちはトキソプラズマ寄生虫のキャリアです。
しかし、ごく少数の人しか徴候がありません。
トキソプラズマ寄生虫は軽視されがちな寄生性感染症のひとつです。
公衆衛生アクションのためにCDCによって目標とされた5つの寄生虫病の1グループです。
世界のおよそ3分の1はトキソプラズマ寄生虫にさらされます。
そして、ほとんどは徴候を経験しないので、彼らは感染していたということを知りません。
人間が寄生虫を摂取すると、それは腸から筋肉と脳まで広がります。
寄生虫が複数の脳構造に存在することができると、齧歯動物の研究は示しています。
そして、それは行動と感情の規則に対して責任がある扁桃体と前頭葉前部皮質を含みます。

 ネズミによる調査は、寄生虫が脳を変えることを示しました。
寄生虫の影響を調べる2011年の調査は、ねずみから猫に対する恐れが消えることを示しました。
その代わりに、彼らの頭の性的な興奮と関連した部分が活発化しました。
トキソプラズマ寄生虫が猫の中に入り込み、繁殖するための生き残りの手段です。
「寄生虫は、実はそのホストの脳を変えます」と、スタンフォード大学研究共著者パトリック・ハウス氏は昨年ABCNews.comに話しました。
「寄生虫が生物に入ることができて、その脳を目標とすることができて、ホストを殺すことなくそこにいることができて、脳の回路を変えることができるという事実-我々はこれが昆虫と真菌で存在するのを見ました。しかし、我々が哺乳類のホストの中に認めたのはそれが初めてでした。」
それは、これとPostolache博士に寄生虫と自殺に至るかもしれない脳の生物学的変化の関係を調査させた他の研究でした。アレルギーの研究とトキソプラズマ症と精神分裂症の関係を示した調査に、彼も興味をそそられました。
「私は自殺のニューロン面に興味があって、自殺(犠牲者だけでなく)を試みた患者で、低いレベルのアクティベーションに興味をそそられました。」
「他の研究は、脳と自殺危険と衝動性を見ました。次の問題は、脳の中で永続化させるこの(高められた)レベルのアクティベーションの「引き金」が何であるかということでした。」

 Postolache博士はデンマークのデスレジスター(それは自殺を含むすべての死の原因を記録します)を用いてデンマーク、ドイツ、スウェーデンの研究者と協力しました。
デンマークの国立病院の記録は、それらに関する病歴源でもありました。
1992~1995年に出産した赤ちゃんでトキソプラズマ寄生虫抗体の有無に関してスクリーニングされた女性から、彼らはデータを分析しました。
抗体が赤ちゃんの中で発達するには3ヵ月かかるので、それがあることは、彼らの母が感染していたことを意味します。
それから、これらの女性が後で自殺したかどうか見るために、科学者はデスレジスターをクロスチェックしました。
精神医学の記録を使い、精神病の病歴のある女性は除外しました。
Postolache博士はこの研究は限度があり、多数の従属するグループによる更なる研究が必要です。

 J.ジョン・マン博士(コロンビア大学の精神科医)は言いました。
「今回明らかになったものより、脳から免疫系の関係は複雑です。脳はストレス反応システムを管理します。そして、それは免疫反応に影響を与えます。」
コーチゾンのようなステロイドが免疫反応に影響を及ぼすことができるということを、科学者はすでに知っています。
ガンをつぶすことを目的としているいくつかの抗体は脳に影響を及ぼすこともできます。しばしば、膵がんの最初の徴候は憂鬱であると、彼は言いました。
連鎖球菌バクテリアが一部の子供たちで強迫性障害(OCD)を誘発することができることも研究で示されています。
マン博士によると、シデナム舞踏病(急性リウマチ熱の後起こることがありえる運動制御の損失)は脳に影響を及ぼしている免疫反応である場合もあります。
メリーランド調査者Postolache博士は一部の個人がこれらの神経学的変化の傾向を持つと推測しています。

 彼は寄生虫が脆弱(免疫が弱まっているあるいは免疫不全?)な人々の神経学的経路を途絶するかもしれないと推測します。
そのため、扁桃体からくる恐怖と憂鬱が前頭葉前部皮質の「制動」機能によって和らげられないか、抑えられません。
Postolache博士は警告します。たとえ直接的な原因が見つかったとしても、トキソプラズマ寄生虫のための抗生物質がまだ存在せず、神経学的損害を止めるかもしれない効果的ワクチンまたは他の医薬品が開発される前に10年かかるかもしれない。

 今、トキソプラズマ寄生虫に対して最も効果的な防衛策は、手洗いすること、食物を妥当に料理すること、料理された肉に対して「生肉を処理した後のナイフ」を使わないことの教育です。
動物を自由に歩き回らせる流行の食糧生産技術に対しても彼は警告します。
「感染の危険性は上がり、トキソプラズマ症の率は上昇するでしょう。」

※※※※※※※※※※※※※追記 2012年7月23日14:50 ※※※※※※※※※※※※


出典元
http://www.naturalnews.com/036456_parasite_suicide_brain.html
 猫からの収縮性トキソプラズマ症のリスクは比較的少ないです。
そして、妊婦は彼らの猫を追い払う必要はありません。
しかし、安全であるために、妊婦はトイレ箱の処理(糞の片付けなど)をすることを避けなければなりません。
彼らがトイレ箱の処理をしなければないときは、妊婦はゴム手袋を着けてください。
そして完全に手を洗ってください。

関連記事


関連記事:猫と脳ガンの関係(海外ニュース)

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 自分としては頑張ったのですが、ちょっと専門的なので翻訳に自信がありません。詳しく知りたい方は出典元を見に行くようにお願いいたします。申し訳ありません。

 トキソプラズマ症は、wikipediaによれば、通常は免疫系により抑え込まれるため大きな問題とはなりにくいが、免疫不全の状態では重篤あるいは致死的な状態となる可能性があり、特に妊娠初期に初感染した場合、胎児が重篤な障害を負うことがあります。とのことです。

 確定するにはまだまだ調査が必要なようですが、生まれてくる赤ん坊の寄生虫の検査が必ずされており、記録が残っているため女性に絞って調べられたようです。
では、女性だけでなく、男性にも可能性はあるのでしょうか?
これはあくまで私個人の考えですが、女性は特に妊娠時に免疫が低下し感染リスクが高いためクローズアップされている側面もあるのでしょう。
男性も感染した後、自殺の頻度が高くなる可能性がありますが、女性ほどリスクが高くないと見られているかもしれません。または、どうやって検証していいか分からないのかもしれませんね。
いずれにしても男性も可能性があると考えたほうがよさそうです。

 勘違いしないで頂きたいことは、感染経路が猫の便だけでなく、よく調理されていない肉、洗っていない野菜と記述されている部分です。
トキソプラズマ寄生虫は猫だけに寄生しているわけではありません。
・「トキソプラズマ原虫が感染する危険因子は、本当に衛生的で十分に加熱調理されなかった肉を食べた場合の方がペットを飼うことより高いです。

関連記事


関連記事:猫と脳ガンの関係(海外ニュース)

日本でもここ数年で生肉、特にレバ刺しの提供についていろいろな問題がありました。
大腸菌等に加えて今回のような危険も同時に指摘されるようになるのでしょうか?

 また、この寄生虫について別の視点でWebで検索すると面白いことが書かれているページがあります。
なんと、トキソプラズマ寄生虫に感染すると性格が変わり、男性は社交性がなくなってモテなくなり、女性は逆に社交性があがってモテるそうです。(どういうこと?)
また、トキソプラズマ寄生虫に感染すると、恐怖を感じなくなり積極性が出てサッカーが強くなるということを書いてあるページも見つけましたよ。
もし、興味がおありなら、検索してみてください。

 毎日私達の心を癒してくれるペットがこのような寄生虫を持っているとしたら、非常にとまどいを感じますが、猫のトイレ掃除をした後は必ず手洗いをするよう心がけましょう。