オレゴン州でペスト発生か?(アメリカ) 2012年6月15日18:30:00














LIST

nekositen news

オレゴン州でペスト発生か?(アメリカ) 2012年6月15日18:30:00

疾病発生

クルックでペスト感染が疑われる患者1名について調査を行っています。


出典

http://www.ktvz.com/news/31180725/detail.html

プラインヴィル、オレゴン -- クルック・カウンティー厚生(保健?)当局は、2012/06/11に地方の病院で治療している50代の人間の疫病について調査していると発表しました。
プラインヴィル、オレゴン -- クルック・カウンティー厚生(保健?)当局は、2012/06/11に地方の病院で治療している50代の人間の疫病について調査していると発表しました。
彼と接触する方にはこのことが通知されており、予防の抗生物質を投与している。と職員が言いました。
また、彼は彼の近隣の病気の猫と接触していた。と付け加えました。

クルック・カウンティー職員は厳重な機密規則により、その人の身元を明らかにしません。
しかし、家族はNewsChannel 21と連絡をとりました。
その後、該当の方はプラインヴィル・エリア在住であり、セントチャールズ・メディカルセンターで危篤状態にあるということです。
家族は、彼が30パーセントの生存確率であると伝えられました。
彼は先週猫に噛まれ、48時間以内に治療のためレドモンドの病院へ連れて行かれました。
その後、彼はセントチャールズ・メディカルセンターに移動され、今命がけで病気と戦っています。
彼の友達は、彼の内臓器官が2012/06/11に弱り始め、抗生物質が病気を治療できるかどうか確認している状態と言います。

疫病は感染したノミの噛み付き、あるいはその病気にかかっている動物との接触によって人間または動物に広げられます。
「人々は自身で家族およびペットを保護することができます」
とカレン・Yeargain氏(クルック・カウンティー保健省の伝染病コーディネーター)が言いました。
「あなたのペットのノミ治療をすることは、ノミをあなたの家へもたらすのを防ぐでしょう。疫病は重大です。しかし、もし初期に対応できれば抗生物質で治療可能です。」

クルック・カウンティーでは1年前に家ネコの腺ペスト検査で陽性が出ていました。
人々にとって、それは、家にノミを持って来る猫がいる。あるいは疫病にかかっている猫か犬に接しているということです。
その猫は最初にストレイと名づけられていました。近所の住人は皆ストレイに餌をあげて可愛がっていました
野良猫ではなく「社会的で親しみやすい」猫は家族と多くの時間を過ごしましたが、猫は生き残りませんでした。
また、その身体は検査のために疾病対策センターへ送られています。
猫はおそらく敗血症にかかっていました。これは外出許可されるペットに通常起こり得ます。
それらは自由に歩き回り、ハツカネズミ等を捕らえます。その時に病気のげっ歯動物に接するか、それらのノミが移ります。
今はその季節です。人々はげっ歯動物とそれらのノミを回避するために予防措置を講ずる必要があります。
危険は米国の至る所で存在します。また、猫と犬、特に猫のためノミの接触を防ぐ必要があります。

保健機関は、疫病を防ぐ為、次の対策をとることを推奨しています。


  • 病気か死んでいるげっ歯動物、ウサギおよびリスおよびそれらの巣および穴を避けてください。

  • あなたのペットが歩き回ったり、狩りをしないようにしてください。

  • あなたのペットに適切なノミ・コントロール製品を使用することを獣医に相談してください。

  • 薪の山、ブラシ・パイル、ジャンクおよび廃棄自動車のように、げっ歯動物が生きることができる家の近くのエリアをきれいにしてください。

  • 病気のペットは、獣医によって速やかに検査されるべきです。

  • 突然で厳しい熱が出る特定しがたい病気は、医者に診てもらってください。

  • 干し草、木および堆肥の山をあなたの家から可能な限り離して置いてください。

  • ハツカネズミが近づける所にペットの食物および水を置かないでください。

  • 獣医とスタッフは疑わしい動物疫病の場合、予防措置を講ずるべきです。


※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 アメリカオレゴン州にてノミから猫、猫から人へのペスト感染の疑いです。
感染された方がご無事であればよいのですが・・・
続報判明しましたら、また記事をあげさせていただきます。