猫ちゃんのアトピー治療(イギリス) 2012年6月15日5:15:00














LIST

nekositen news

猫ちゃんのアトピー治療(イギリス) 2012年6月15日5:15:00

アトピー治療

猫ちゃんのアトピー治療に新薬投与。(イギリス)


出典

http://www.thisissomerset.co.uk/Spud-different-animal-treatment/story-16367665-detail/story.html

 この美しい猫は9歳のスパッドです。
 この美しい猫は9歳のスパッドです。
スパッドは進行中のノミ・アレルギー皮膚炎を持っています。

それは非常に一般的で、単にノミと接触すると特に背中側に湿疹や皮膚炎の再発を引き起こすことがあります。
ほとんどの場合、獣医の強固で適切なノミ・コントロールあるいは、処方箋による製品で皮膚病をコントロールするでしょう。

 昨年スパッドの皮膚は、規則的なノミ・コントロールにもかかわらず不安定になりました。
彼女は非常にかゆがり、多くの毛を失っており、彼女の背中で広範囲な傷ができました。

彼女はアトピー性皮膚炎(あるいは単純に「アトピー」と呼ばれます。)と診断されました。

この状況では、皮膚はプラント、草、チリダニおよび食物を含む多くの刺激に過剰反応します。
彼女はコルチコイドを備えた薬物治療を後に続けて、特別タイプの低アレルギー性のキャットフードを用いた試行治療を受けました。
また、反ヒスタミン・タブレットおよびコーチゾン剤を皮膚上で直接スプレーしました。

彼女の皮膚はコントロールできる状況下に落ち着きましたが、彼女は消耗しており、未だかゆいままでした。

彼女がその肌により不快になった時、追加の注射のために獣医の元へ行かなければなりませんでした。

 スパッドの病状の軽減は、シクロスポリンと呼ばれる猫のアトピーのため新しく許可された薬物治療という形で解決しました。

彼女の飼主は、それが利用可能だと聞くとすぐに注文し投与を始めました。

それは液体で、彼女の食事に混ぜて食べさせるものでした。幸いにも彼女はそれを気にかけませんでした。

 スパッドは他の治療を止めました。また、2か月の新しい薬物治療の後、彼女の皮膚は完全に健康を取り戻しました。彼女はもはやかゆくはありませんでした。
また、パッチ状にはげていた彼女の背中も回復しました。
彼女の飼主であるルース氏は次のようにコメントしました。
彼女は新薬の投与を始めてから2週間内は、まるで別の猫のようでした。
スパッドはかゆい肌を落ち着かせるために規則的な注射を打つことなく、リラックスできる夏を期待することができるでしょう。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 猫ちゃんのアトピーに関するニュースです。
人間でも同じですが、アトピーになると厄介ですね。
ノミについては、ボブキャットフィーバーでも触れました。
次のオレゴン州のニュースでも触れると思います。
ここでは、新薬としてシクロスポリンが紹介されていますが、これは日本でも処方可能なようです。
もちろん処方は獣医さんにご相談お願いいたします。