体重減少コンテスト(イギリス) 2012年6月4日01:00:00














LIST

nekositen news

体重減少コンテスト(イギリス) 2012年6月4日01:00:00

猫「フィフィ」

イギリスの動物チャリティーは、太ったペットのために「体重減少」スタイルコンテストを行います。


出典

http://www.huffingtonpost.com/2012/04/10/obese-pets-biggest-loser_n_1415523.html#s857477&title=Fifi_is_107

http://www.petobesityprevention.com

 ペットフィットクラブと名づけられたこのコンテストは動物チャリティーPDSAによって組織されています。
 ペットフィットクラブと名づけられたこのコンテストは動物チャリティーPDSAによって組織されています。
コンテストの太り過ぎな参加者は11匹の犬、5匹の猫および2羽の丸ウサギです。
最多の減量を行った動物への商品は、1年分のペットフードおよび、フォー・シーズンズ・ホテルでのペットフレンドリーホリデーです。

 イギリスでは、ペットに過剰に食事を与え、肥満させることは動物虐待とみなされます。
2009年には、BBCがラブラドール犬体重70Kgを超えさせたことで、1,857ドルの罰金を科されたペットの飼主について報告しました。

 アメリカでは成犬および成猫の半分以上が太り過ぎです。ペット肥満は、糖尿病、腎不全および癌を含む多くの健康問題の原因です。
2010年には、1社の保険会社を使用するアメリカのペットの飼主が、肥満による喘息の治療のため獣医に2500万ドルを払ったとウォール・ストリート・ジャーナルが伝えています。

 エキスパートは、ペットの肥満問題について関心を持っている方は、その問題に取り組む獣医と相談し、共に解決に向かって努力をすることが重要であると言います。
ペット肥満予防のための協会は多くの運動(犬のための20~30分猫のための5~15分)に加え、高タンパク低炭水化物ダイエットを推奨します。ペットの所有者はさらにペットフード・カロリーを計算し、www.petobesityprevention.comを訪れることにより重量計算機を使用することができます。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 2012年のコンテストの話題です。
最近アメリカのニューヨークでは、ソーダなど砂糖入り飲料のラージサイズの提供を規制するとのニュースもありましたが、飼主とペットで同じ問題を抱えているのでしょうか。