イギリスの最も太った猫「ティンクス」 2012年6月1日21:00:00














LIST

nekositen news

イギリスの最も太った猫「ティンクス」 2012年6月1日21:00:00

猫「ティンクス」

イギリスの最も太った猫「ティンクス」が2008年に体重減少コンテストを戦いました。


出典

http://www.telegraph.co.uk/earth/3471802/Britains-fattest-pets-go-head-to-head.html

 ブルース・ブライン氏は6年前に猫「ティンクス」を飼いました。
 ブルース・ブライン氏は6年前に猫「ティンクス」を飼いました。
その時は重さ11kg以上でした。その後1kg以上の体重が減ってもまだ96パーセント体重超過のままです。
「ティンクス」は4人の異なる隣人に食事をもらっていました。
その結果、心臓の病気を被り、彼はほとんどの時間眠って過ごしています。
そのため、2008年に13歳の猫「ティンクス」が7匹の犬とともに100日のダイエットおよびフィットネスプログラムに参加しました。

 動物チャリティーPDSAによって組織されたペットフィットクラブの参加ペットの合計体重は、191kgで、デビッド・ベッカムのような理想的な体型にするために74kg以上を減らす必要があります。
英国の犬の約30パーセント(ほぼ200万匹)は太り過ぎかまた肥満です。また、数は近年急激に上昇しました。
「PDSAは、肥大したペットの増加する数について非常に心配しています。」とチャリティーの上級の獣医(ショーン・ウェズレー)が言いました。

 PDSAペットフィットクラブの目標は、飼い主に対してペットが健康であるために食事およびエクササイズに関して考えるようにすることです。
飼主がたまに愛情を表すためにチーズ、バタートースト、ビスケットのような不健康な人間の食事を与えています。
彼らはそれが愛情を伴う殺害であることを理解していません。加えて運動量が足りなければ、肥満したペットは増大していきます。体重のために一生の深刻な健康の問題をかかえることとなります。

 PDSAペットフィットクラブは最も大きい比率で体重を減らし、ジャッジにより最良な管理体制との見解を得た飼主に対してPDSAペットフィットクラブチャンプの称号を与えます。
勝者にはウェールズでのペットフレンドリーホリデーが贈られます。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 イギリスの太った猫の話題です。2012年にも同じコンテストの話題がありますので、関連ニュースをご覧ください。
太っている猫ちゃんは一種独特の愛らしさがあって魅力的なんですが、猫ちゃんにとっては毎日苦しい思いをしているのかもしれません。
猫ちゃんは自分が病気であることを隠そうとするので、飼主も大丈夫だと思い、カロリーの高い塩分の多い人間の食事を与えてしまうのでしょう。
猫の肥満は動物虐待であるという考えをもって、飼っていかなければとしみじみと思いました。