あなたの猫が助けを必要とするとき(海外ニュース) 2012年4月28日12:00:00














LIST

nekositen news

あなたの猫が助けを必要とするとき(海外ニュース) 2012年4月28日12:00:00

あなたの猫が助けを必要とするとき

アメリカより猫の健康についてのニュースです。


出典

http://www.the-signal.com/section/37/article/64857/

 アメリカの獣医医師会によって行なわれた最近の研究では、7200万匹の犬に対し、8200万匹の猫がペットとして飼われており、猫がアメリカにおいて一番普及しているペットであることを示しました。
 アメリカの獣医医師会によって行なわれた最近の研究では、7200万匹の犬に対し、8200万匹の猫がペットとして飼われており、猫がアメリカにおいて一番普及しているペットであることを示しました。
そうであるにもかかわらず、猫を獣医に診察させる回数は年ごとに減っていっています。
さらに悪いことに、猫は自分の病気を危険な状態となるまで隠す傾向があります。
なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
私は猫の飼い主が犬の飼い主に比べてペットに関心がないということではないと考えます。
私はその原因として猫の振る舞いに関する誤解があるからと考えています。

 世間でよく言われる猫の作り話、あるいは根拠の薄い社会的通念には次のものがあります。
「私の猫は健康的に見えます。」
「猫は自然のままでも、犬より健康的です。」
その中でも私たちが一番大好きなものは以下のものです。
「室内飼の猫は獣医にかかる必要がありません。彼らは室内の安全な環境で暮らしているから大丈夫です。外に出している猫のみ病気にかかります。」

 子猫たちは定期的に獣医に診てもらう必要があります。
予防接種を行い、排泄物の検査、白血病および免疫不全検査を行う必要があります。
この時代から成年期までの焦点は年一回の予防処置、ワクチン補助剤、ウェイトコントロールおよび歯科治療となります。
肥満は猫の健康にとって重大な懸念になりました。糖尿病、間接疾患および他の問題を引き起こします。
7歳ともなれば、成熟期と考えられ獣医のチェックがより必要です。
理想的には、一年に二度甲状腺機能亢進症または腎臓病のような老人病のチェックをしたほうがよいです。
予防と早期発見が一番大事です。

 子猫が型通りの獣医医療を受けることに加えて、アメリカの獣医医師会は子猫が適切に獣医のケアを受けるようにするため、10項目の注意喚起リストを作成しました。


  • 不適切な振る舞い(トイレ以外で排尿や排便)(英語ではInappropriate elimination behavior)

  • 交流、相互関係、対話の変化(英語ではchanges in interaction)

  • グルーミングの変化

  • 活動の変化

  • 睡眠習慣の変化

  • 発声の変化

  • 食物と使用水量の変化

  • 説明不能な体重の増減

  • ストレスのサイン

  • 口臭


 猫は病気を隠そうとする特徴があるので、病状が進むまで飼主は気がつくことができないかもしれません。
従って、予防は望ましい健康対策となります。
それは、一年ごとのあるいは半年ごとの獣医での健康チェックで行うことができます。
これらにより、問題を早く解決することは、あなたの猫を苦痛から早く解放してあげられるだけでなく、長い目で見ると、あなたのいくらかのお金を節約することができます。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、出典はアメリカですので、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。
なお、出典元には続きもあります。

-サイト管理者の感想-


 日本で猫を飼っている方々にとって、アメリカの獣医が猫の健康をどのように考えているかを知ることはなんらかの役に立つだろうと思い、ニュースとしました。
猫が病気を隠そうとする習性があるのはその通りだと思うし、病気が目に見えて現れるころには重症となっているという記述には怖さを感じますね。
これからも自分の猫と健康に過ごしていけるように頑張ります。