2013/4/1盲導猫誕生(海外ニュース) 2013年4月2日18:00:00














LIST

nekositen news

2013/4/1盲導猫誕生(海外ニュース) 2013年4月2日18:00:00

世界初の盲導猫

アメリカ ニュージャージー州 モリスタウン The Seeing Eye, Inc.は2013年エイプリルフールの試みとして、盲導猫をフェイスブックにて発表しました。


出典

https://www.facebook.com/SeeingEye

http://www.mycentraljersey.com/article/20130329/NJNEWS/303290023/First-Seeing-Eye-Cat-promised-April-1

 The Seeing Eye, Inc.はフェイスブック上にエイプリルフールのジョークとして盲導猫を発表します。
 The Seeing Eye, Inc.はフェイスブック上にエイプリルフールのジョークとして盲導猫を発表します。
The Seeing Eye, Inc.は始めて盲人のためにガイドとして犬を使用した有名な組織であり、モリスタウンに本社を置いています。
過去10年の間、モリスタウンの会社本部以外の場所で最高機密として遺伝学者が研究を続けました。そして、この新しい猫を育てました。
盲導猫は平均的な猫よりも若干大きいですが、持ち運びのしやすさも保持しています。

 The Seeing Eye, Inc.の広報担当であるミシェル・バラク氏は言います。
猫がすばらしいことは、猫が自然に自立しているということです。
猫は十分自立しているために、危険な状態かもしれないときに、時々命令を聞くのが難しいということです。
その自立した性質は、他の重要なトレーニングにおける障害であることがわかりました。
障害はトレーナーの安全に関することも含みましたが、職場多様性を進めるにあたっては、小さい損害のみでした。
バラク氏はトレーニングに使う誘因物として、食物の代わりにチクマハッカを使ったとき、プロジェクトの分岐点が来たといいます。

 盲導猫を動物産業に迎え入れるという、この歴史的な出来事を祝って最初の盲導猫(雌)の名前を募集します。
最もすばらしい名前をつけた方には、特別なプレゼントが贈られます。
名前はフェイスブックページにて登録することが可能です。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 でました盲導猫!
フェイスブックのページは存在しましたので、一定の注目を集めることには成功しているのではないでしょうか?
正直、どこからどこまでが冗談なのか分かりません。
しかしながら、私の翻訳が間違っていてもエイプリルフールで済ませられるのはいいですね!(ってもう2日か・・・)
猫と違って、犬は本能的な部分まで人間がコントロールできるのではないでしょうか?
そのため、飼主の責任が大きくなるような気がします。
痩せ細った猟犬が飼主を山中の同じ場所で待ち続けているという事件がありましたが、そのようなニュースを見ると痛ましくなります。
猫でも犬でも、きちんと責任を持って飼い続けていきたいものです。