そこらにいる大きい猫科動物(アメリカ) 2012年9月19日12:00:00














LIST

nekositen news

そこらにいる大きい猫科動物(アメリカ) 2012年9月19日12:00:00

ボブキャットと思われる大きい猫科動物

アメリカ アリゾナ州 ペイソン 大きい猫科の動物がカメラに捕らえられる。


出典

http://www.connecttristates.com/news/story.aspx?id=790655

 大きい猫科動物の目撃例は、アメリカの3州にとって新しくありません。
 大きい猫科動物の目撃例は、アメリカの3州にとって新しくありません。
実際2,3か月ごとに、我々は地域地主から新しい写真または2つの目撃談をかぎつけります。

 それらはクーガーか、またはボブキャットのようです。
ほとんどは、ハンターのカメラ(別名コース・カムまたはフィールド・カメラ)に捕らえられています。

 KHQAは月曜日に匿名の視聴者方から、このボブキャットが写っていると思われる写真を受け取りました。
彼らは、ペイスンの近くに資産を持っています。
写真は2012/7/22、2012/8/12と2012/8/12に撮られたものです。(出典元をごらんください。)

 その視聴者の1人の親類はおよそ60年の間そこで生きました。
彼は大きい猫科動物がまわりに居ることを信じたかったですが、それを否定しました。
しかし、その後それを証明する写真を手に入れました。
視聴者はこの11月大きい猫科の動物が彼の前をペイソンの端からハイウェイ96方面に横切ったと我々に話しました。
写真の猫ははたしてボブキャットと呼べるでしょうか?

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 アメリカでは、州によっては多くの野生生物が住んでいるんですね。
日本にいると、特に私みたいに毎日コンクリートばかり見ていると、自然の中で暮らしているということを忘れてしまいそうです。
今回の写真はボブキャットと思われますが、ボブキャットも普通の猫より大きいので、道端で遭遇したら面くらいそうです。