2つの顔を持つ猫はキメラ?(海外ニュース) 2012年9月13日19:45:00














LIST

nekositen news

2つの顔を持つ猫はキメラ?(海外ニュース) 2012年9月13日19:45:00

猫のビーナス

アメリカ 現在世界で最も有名な猫であるビーナス


出典

http://news.nationalgeographic.com/news/2012/08/120831-venus-two-faced-cat-genetics-animals-science/

 3歳の猫は100万回以上見られた彼女自身のフェイスブック・ページとYouTubeビデオを持っています。
 3歳の猫は100万回以上見られた彼女自身のフェイスブック・ページとYouTubeビデオを持っています。
そして、先週、トゥデー・ショーに現れました。
1回この猫を見ますと、なぜ有名なのか理由が分かります。
2分の1は同一調の黒で、緑の目です。残り半分が典型的オレンジぶちネコ・ストライプと青の目です。

 どうしてこのような猫が生まれたのでしょう?
猫の遺伝学を研究しているレスリー・ライアンズ氏(カルフォルニア大学デーヴィス校の教授)はビーナスのような猫はこれまで見たことがないといいます。
「彼女は、かなり、極度に珍しいです」と、ライアンズ氏は言いました。

 ビーナスについての多くのレポートは、猫を「キメラ」と称します。
神話において、キメラは、異なる動物の部分から成り立つ寄せ集め怪物です。
猫のキメラは細胞が2種類のDNAを含みます。そして、2匹の胚が融着するとき、引き起こされます。
「猫の間でキメラは本当にそんなに珍しくありません。」と、ライアンズ氏は言いました。
実際、大部分の雄の三毛猫はキメラです。
はっきりとまだらのオレンジと黒いコートは、猫が余分のX染色体を持っているという徴候です。
しかし、雌の猫は2つのX染色体をすでに持っているので、別のX染色体なしでその特徴を身に着けることができます。
つまり、ビーナスが必ずしもキメラであるというわけではありません。
ビーナスの状態を確かめることは、遺伝子のテストを必要とします。
「猫の両側からの皮膚の検体をします。そして、体の一方からのDNAは他の一方とは異ならなければなりません。」

 ビーナスが実際にキメラでないならば、どうして彼女の驚くべき顔を説明できるでしょうか?
「純粋に運によるものです。」ライアンズ氏は言いました。
1つの理論としてはこうです。
おそらく、黒い色が彼女の顔の一方のすべての細胞でランダムに活動しました。
その間オレンジ色も他方で活動し、彼女が育ったので、2つのパッチは彼女の体の中央線で会うこととなりました。

 猫の青い目がもう一つの謎です。
ビーナスの顔によって立ちすくむ猫の愛好家は、本当の物語を逃しているかもしれません。
彼女の一つの青い目です。
猫の目は典型的に緑であるか黄色です。青くありません。
青い目の猫は、一般的にシャムまたは他に白い毛を多くもつ猫であると、ライアンズ氏は説明しました。
ビーナスは彼女の胸に白斑だけがあるように見えます。
それは青い目を説明するのに十分でありません。
「ビーナスは、ちょっとしたミステリーです。」ライアンズ氏は締めくくりました。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 皆さんもうご存知かとは思いますが、遅ればせながら2つの顔を持つ猫ビーナスちゃんの記事でした。