猫が人を操る?(海外ニュース) 2012年9月9日05:00:00














LIST

nekositen news

猫が人を操る?(海外ニュース) 2012年9月9日05:00:00

猫が人間をコントロールする

2009年に発表された研究によれば、猫は鳴き声により、人間をコントロールすることがあるそうです。


出典

http://www.livescience.com/5556-cats-control-humans-study-finds.html

 あなたと飼猫どちらがどちらをコントロールしているでしょうか?
 あなたと飼猫どちらがどちらをコントロールしているでしょうか?
研究は明らかなものを指します。それは、あなたの猫です。

 調査結果によれば、飼猫は緊急時の音としてある調子の高い「にゃー」で、この支配を行います。
この「にゃー」は、実は調子の高い鳴き声と混ぜ合わせられたゴロゴロ音です。
人々は通常、のどを鳴らしている猫について幸せの印と考えています。
彼らが食事したいとき、何匹かの猫はこのゴロコロ音-鳴き声音をたてます。
人間がこの混合した呼び出しを聞くと、イライラさせられ無視するのが難しいことを調査は示しました。
「我々が通常満足を連想するものを鳴き声に混ぜることは、人間の反応を誘発するなかなか巧妙な手段です」と、サセックス大学のカレン・マコーム氏は言いました。
「多分人間にとっては、のどを鳴らしている要求は明白にニャーニャー鳴くことより容認できるでしょう。そして、それは猫をベッドルームから放り出させそうです。」

 猫達は我々を知っています
前の研究は、猫叫び声と人間の幼児の叫び声との類似点を示しました。
人間が子供達に授乳することを連想する泣き声に合わせ、ゴロコロ音-鳴き声音が人間の感覚を巧妙に利用するかもしれない。マコーム氏は提案します。
また、鳴き声にゴロゴロ音を含むことは、音をより調和的でなく、より習慣になるのが難しくすることができると、彼女は言いました。

 マコーム氏は研究についてのアイデアを彼女自身の猫に接した経験から得ました。
その猫は毎朝、非常にしつこい低い音で彼女を起こします。
他の猫の飼主と話した時に、彼女は他の飼猫も同じ種類の呼び出しをするということを知りました。

 哺乳類で声のコミュニケーションを研究する科学者として、彼女はコントロールの「にゃー」を調査することに決めました。
実験を始めることは、簡単でありませんでした。
猫は飼主の周りでのみ、ゴロコロ音-鳴き声音を使い、知らない人の前で同じ音を立てたがっていませんでした。
マコーム氏と彼女のチームは鳴き声を録音するために、猫の飼主を訓練しました。
そして、彼らが食物を捜していたとき、そうでないときの音を記録しました。

 チームは10匹の異なる猫から記録を集めました。
それから、50人の人間の参加者(猫を所有した全員でない)のために、研究者は鳴き声を再生しました。
ゴロゴロ音に埋め込まれた調子の高い鳴き声は、他の状況より緊急で、より楽しくないように聞こえます。
その後、記録した声を編集し埋め込まれた鳴き声を取り除いて他のすべてを不変のままにした場合、被験者の緊急性の評価がかなり減少したということです。
マコーム氏は次のように言いました。
「この鳴き声が人間からの返答を引き起こすことに効果的であるとわかるとき、猫が劇的にそれを誇張することを学ぶと我々は思います。」
「実際、すべての猫がのどを鳴らすこの形を使用するというわけではなく、多くの場合、大家庭よりもむしろ飼主との一対一の関係がある猫で発達するようです。」

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 この研究は、猫が食事が欲しい時に鳴き声で人間をコントロールしているということのようですね。
見方を変えれば、人間と猫が親密になれば、新たなコミニュケーション手段が生まれると言っても良いように思えます。
家の猫はご飯が欲しいときは、本棚から本を落っことしたりします。とにかく注意を引きたいようです・・・