矢が刺さった猫が回復(海外ニュース) 2012年8月15日11:00:00














LIST

nekositen news

矢が刺さった猫が回復(海外ニュース) 2012年8月15日11:00:00

矢が刺さった猫の回復

アメリカ ミシガン州から、ボウガンにより頭を撃たれた猫の回復について。


出典

http://www.clickondetroit.com/lifestyle/pets/Cat-shot-in-head-with-arrow-in-head-making-a-full-recovery/-/1718840/16106306/-/tbt2kyz/-/index.html

 タミー・ニッサン氏の話では、彼女の夫がパティー通りにある家の外で頭の正面に矢が刺さっている6歳の猫(ベイビー)を見つけました。
 タミー・ニッサン氏の話では、彼女の夫がパティー通りにある家の外で頭の正面に矢が刺さっている6歳の猫(ベイビー)を見つけました。
ベイビーはミシガン州立大学veterinary clinicへ連れて行かれ、医者により矢が取り除かれました。
ベイビーは完全に回復すると医者は言ってくれたそうです。
矢で撃たれてから、ベイビーの家族はベイビーが外に出るのを許しませんでした。

 警察は行為が意図的であり、家族は用心深くし続けるだろうと考えています。
ブラックマン・レオニ公安局のセーフティーディレクター Mike Jester氏は
まだ公開捜査中であり、新しい手がかりはないとのことです。

関連記事:ボウガンで撃たれた猫(海外ニュース)

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 ベイビーちゃんは完全に回復するとのことで、安心しました。
しかし、ボウガンを持って猫を狙うような人物が外にいるならば、これからはベイビーちゃんを外に気軽に出すわけにはいかないようです。
警察も犯人がまだ特定できていないようなので、地元では不安に思う飼主さんも多いことでしょう。
もし自分の猫がこんな目にあったらどうしようかと考えてしまいます。
早く犯人が捕まるといいですね。