ペット所有率が下がる!なぜ?(アメリカ) 2012年8月15日06:00:00














LIST

nekositen news

ペット所有率が下がる!なぜ?(アメリカ) 2012年8月15日06:00:00

ペットの所有率の下落

アメリカの獣医学会はペットの所有率が下がっているとの論文を発表しました。


出典

http://blog.oregonlive.com/cats/2012/08/decline_in_pet_ownership.html

 アメリカでは、ペットの所有率は下り坂です。
 アメリカでは、ペットの所有率は下り坂です。
2006年に比べて、犬の所有率は1.9パーセント下がっています。
猫の所有率は驚くべきことに6.2パーセントも下がっています。
1991年以降では始めての低下です。

 アメリカの獣医学会(AVMA)は、ペットの所有と獣医に対する出費に関する年次研究論文を公表します。
この研究は、アメリカの全域でペットの所有のすべての動向(去勢・避妊から人々がペットを得るところまで)を示します。
AVMAのデータによると、所有されるペットの数は少なくとも1986年以降着実に上がっていました。
しかし、2006年から2011年まで下落しました。
今は7410万匹のペットの猫と7000万匹のペットの犬がアメリカ中の家庭にいます。

 専門家は経済不況の為であると主張しています。
この決して終わらない不況が、私が知っているほとんどの人にひどく打撃を与えました。
しかし、アメリカ人は他の不況とあわせ、この20年のよくない経済の中暮らしてきました。
それがなぜ、現在これほど劇的にペットの所有に影響を及ぼしているのでしょうか?

 それは、ペットの供給側の問題でしょうか?


シェルターは去勢・避妊等の努力を通して十分な家がないペットの数を劇的に減らしたでしょうか?
おそらく努力は実っていることでしょう。
しかし、まだ何百もの猫と犬が新しい家を探しているということを私は知っています。

 それは、ペットの世話に必要な費用の上昇でしょうか?


ミルクの価格とガスが上がって、そして、ペットフード、おもちゃと獣医の費用もそうなります。
AVMAによると、獣医にかかる費用は、犬に対してはほぼ18パーセント、猫に対しては4.2パーセント上がりました。

 家庭の変化はどうですか?


スティーブンZawistowski(ニューヨークの米国動物愛護協会の科学アドバイザー)は、推測します。
ペットの所有は、両親と子供で構成される家族でより一般的です。
独りの人々、子供たちのないカップルと老人はペットがいそうにありません。
アメリカがおかあさん、おとうさん、2人の子供という一般的な家庭から離れたので、ペットの数は減少します。
彼は古い格言を言いました。
「最後の子供が家を出る、そして、最後の犬が死ぬとき、引退は始まります。」
そして彼は「私は、これが魅力的な論だとわかります。これは私の家族にちょっとあてはまります。」と言いました。
人が長い人生の終わりに直面しているとして、もう一回ペットを飼いますか?私には分かりません。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 さまざまな環境の変化により、飼猫や飼犬の数が減っているようです。
少し寂しい話ですが、時代の流れかもしれません。
アメリカでも核家族が進んでいるのでしょうか?昔思い描いた理想の生活は、今では変わっているのでしょう。
オリンピックも開催したことですし、経済もそろそろ上昇してほしいと願うばかりです。