3匹の猫を火事から救出(海外ニュース) 2012年8月11日02:00:00














LIST

nekositen news

3匹の猫を火事から救出(海外ニュース) 2012年8月11日02:00:00

助け出された猫

アメリカ ノースカロライナ州 ウィルミントン ニューハノーバー郡 消防士により3匹の猫が救出される。


出典

http://myrtlegrove.wect.com/photo-gallery/911/57988-firefighters-rescue-3-cats-house-fire?page=

 ニューハノーバー郡の消防士は水曜日の午後マートル・グローブ・ロードの家から3匹の猫を救いました。
 ニューハノーバー郡の消防士は水曜日の午後マートル・グローブ・ロードの家から3匹の猫を救いました。

 彼らが到着したとき、家からは煙が立ち上っていました。
そのため、屋根に穴を開けて煙を外に逃がす必要がありました。

 火事が起こったとき、住宅所有者は家に居ませんでした。
隣人が自分のトラックのドアを開けたときに煙を見て通報したそうです。
隣人によるとも10年前にも同じ家で火事が起こっており、家を焼き払ったと言います。

 火事は家の内部で食い止められ、怪我人はいませんでした。
3匹のペットの猫のみ家から助け出されました。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 住宅の火災ですが、初期に発見されたため大事に至らなかったようです。
3匹の猫ちゃんは無事でした。煙が充満しきっていたら危なかったことでしょう。早く救助されて良かったです。
室内飼いの猫は家の外に出るルートがないので、火事の時に逃げ場がなくなる恐れがあります。
猫の健康上は室内飼いのほうが有利ですが、こういう火事や天災のときにきちんと猫の安全が確保できるか心配になることがあります。
福島の震災では、人間が非難した後、放棄された家に首輪につながれたままの犬がいたという報道がありましたが、家の中に閉じ込められた猫はいなかったのでしょうか?
いずれにしても、災害時に自分のペットをどのように扱うのか考える必要はあると思います。