猫はなぜアメリカで飼われているペットの中で数が一番多いのか?(アメリカ) 2012年8月2日06:30:00














LIST

nekositen news

猫はなぜアメリカで飼われているペットの中で数が一番多いのか?(アメリカ) 2012年8月2日06:30:00

アメリカ 猫の記事

アメリカ 飼われているペットNo1となった猫の魅力を探る。


出典

http://www.tahoedailytribune.com/article/20120710/ARCHIVES01/120709917

 猫は崇拝と迫害、神話と伝説の中生き続けてきました。
 猫は崇拝と迫害、神話と伝説の中生き続けてきました。
猫が1980年代後期にアメリカで最も人気があるペットとしてNo.1ステータスまで上がりましたが、猫との交流に値する態度は今変わっています。
余剰猫の個体数が動物の権利保護界に疑問を呈し続ける間、住宅ペットとしての猫はよりよく扱われていて、より家族の活動に入っています。
学習することにより、感謝と尊敬の念は生まれます。
願わくばその実現はペットシェルターから去勢、避妊手術とともに行ってください。
これらは不必要な苦しみから家のない猫を助けます。

・猫の愛情


 一般に考えられているのとは逆に、猫は社会的動物です。
ペットの猫は反応し、言葉に答え、人間と交流しようとします。
嗅ぎまわるのは好意です。
たたくことと、こね上げは喜びや信用と愛を表現して、人間を含むテリトリーをマークします。
猫が顔または頭をあなたの頭に押しつけるとき、それは受理と愛情の表れです。
猫は数十万年間、陸と海で人間にとって重要で最愛の援助仲間でもありました。

・猫の表現力


 犬の約10種類と比較して、猫は100種類の異なる鳴き声と発声ができます。
彼らは痛むとき、挨拶のとき、そして注意のためにニャーニャー鳴きます。
猫は話したいとき、より声高になります。
尾によるコミュニケーションは、集中または怒りを捜す際のヒントで、痙攣を含みます。
大きな尾揺れは、不快感を表します。
猫が幸せであるとき、尾は高い状態に保たれます。
ふくらむ尾は、恐れ、驚きまたは防御を示します。
猫の目も話します。多少利用できる光に反応することに加えて、大きな丸い黒目は恐れまたは興奮を示します。細い黒目は怒りを示します。
のどを鳴らすことは、痛みならびに喜びを表します。
また、自分を落ち着かせて自然治癒する役割を持つと考えられています。
猫の喉頭に対するリズミカルな刺激の振動は、負傷した猫の骨と器官の治癒を促進するかもしれません。

・猫の旅行


 ペット製品は、猫旅行安全と快適さのために全く新しいカテゴリーを特徴とします。
猫は簡単に旅することができます。特に若いときに車両の動きと音に慣れさせている場合は。
猫を家族の活動に含むことは、毎日の散歩に及びます。
リードを使った散歩トレーニングに器材とビデオがすぐに利用できます。
猫が自分達だけで迷った時、近くならば帰り道を見つけることができます。
彼らは、人々と場所を見つけるために体内時計、太陽の角度と地球の磁場を使います。
しかし見つかって保護された猫は、わずか2パーセントのみが飼主に返されます。マイクロチップIDは重要です。

・猫のアスリート


 Cat agilityは、動物の世界で最も発展しているスポーツの1つです。
それは、リビングルームや世界的な競争ステージでなされます。
トレーニングの鍵は、単純です。彼らの猫の多くのごちそうです。
猫は自分の背丈の7倍の高さを飛ぶことができます。
猫は性格に歩くことができます。
確かな歩行をするために前足の足跡をなぞって対応する各々の後足を置きます。
猫も、バランスをとるために尾を使います。
ペットの猫は歩いている間も垂直にその尾を保つことができる唯一の種です。
猫は正確な反射神経を持ちます。
時間があるならば、幸運な猫は鋭い平衡感覚と柔軟性を使い、体を曲げて正確に保つことができます。
尾のない猫は、自分自身を救うことができません。また、抜爪(それは冷酷であり、多くの州で違法です。)も手すりのようなものの上でバランスを取る猫の能力を弱めます。
また、加えて、不安定と噛む傾向をつくります。

 路地から、または避難所から猫を迎え入れる多くの理由があります。
報酬は、低い血圧と好きであること愛されることの充足と終りのない猫の魅力の発見です。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 猫は表現力豊かで、社会的であり、迷子になりにくく、アスリートとしても優秀であるという理由でアメリカNo1ペットとなったらしいです。
Cat agilityは猫のスポーツらしいですね。画像検索等で猫が輪をくぐったりする姿が確認できました。
アメリカではかなりポピュラーなスポーツなのでしょうか?
うちのクロは力が強いので、ちょっと練習してみようかなあと思ったり(まあ、親バカなだけですが・・・)