猫が6マイルの距離を歩いて戻る(海外ニュース) 2012年7月20日04:25:00














LIST

nekositen news

猫が6マイルの距離を歩いて戻る(海外ニュース) 2012年7月20日04:25:00

猫のWollieとバーバラ

アメリカ ニューハンプシャー州 ベドフォード 猫のWollieは3日間6マイルの旅をしました。


出典

http://kplr11.com/2012/07/18/cat-walks-3-days-to-owners-home/

 「それは奇跡です。私はそれが奇跡であると本当に思っています。」
 「それは奇跡です。私はそれが奇跡であると本当に思っています。」
バーバラの奇跡は、彼女の猫(Wollie)が戻ってきたことです。
長旅の始まりは昨年の夏、彼女がニューハンプシャー州ベドフォード近所で野良猫に餌をやり始めたときにさかのぼります。
「その子が痩せており、細かったので、私は気の毒に思いました。その子は、食物にありついていませんでした。」
その子は彼女の飼犬と親友になり、彼女は彼にWollieという名前をつけて、写真をとっていました。

 しかし、61歳のバーバラの夫が脳卒中で入院したとき、彼女はWollieに多くの世話をすることができませんでした。
涙に暮れながら、彼女はWollieをニューハンプシャー(ベドフォードから数マイル離れている)のアニマルレスキューリーグに引き渡しました。
その後、彼女の夫 ― ジョージが快方に向かった時、彼女の心はまたWollieに向いていました。
それを知っていた彼女の娘はサプライズとしてWollieを家に連れてくるため、アニマルレスキューリーグから彼を引受けましたが、不幸なことにWollieはアニマルレスキューリーグの駐車場で逃げてしまいます。

 しかし、その3.5日後、バーバラは彼女の家の正面に通じている道を横断しているWollieを発見しました。
『あれは、Wollieに間違いない。』
彼はとても消耗していて、とても疲れていて、とても空腹でした。
どれくらい、Wollieは歩いたでしょうか?車では6.7(約10.78キロ)マイルになります。
Wollieが若干の近道をとるならば、5マイル(約8.04キロ)近くです。

 ニューハンプシャーのアニマルレスキューリーグはWollieがどのように帰り道を辿ったかは分からないそうです。
「この猫は確かにどこに自分の家があるかを知っていて、できるだけ早くそこに戻ることを望んでいました。」
「彼はここに着くために、かなり無理をしてきました。彼の居場所であるここに。」
Wollieは確かに正しい自分の居場所に戻っているようです。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 猫が10~8キロ先から帰ってくるというお話です。日本でも似たような話はあったと思います。
知らない場所に居ても家の方向がある程度分かるようですね。
バーバラさんも帰ってきたWollieを見て、感激されたことでしょう。
いない間不安な日々を過ごした分、これから取り戻して欲しいです。
Wollieもこれからは自分の家でのんびりと暮らしていくことでしょう。