女性のほうが猫と親密になれる? 2012年7月18日16:50:00














LIST

nekositen news

女性のほうが猫と親密になれる? 2012年7月18日16:50:00

猫と人間の関係

新しい研究によって、猫と飼主との関係がまた明らかになりました。


出典

http://news.discovery.com/animals/cats-humans-pets-relationships-110224.html

 新しい研究では、猫と彼らの飼主の間の結びつきは、想像されるよりはるかに強いことが分かりました。
 新しい研究では、猫と彼らの飼主の間の結びつきは、想像されるよりはるかに強いことが分かりました。
特に熱烈な猫ファンの女性が、愛情を猫と交わしている場合。

 出版を認められたthe journalBehavioural Processesに載る新しい研究によると、
人間と猫(特に女性)は単に食事を得る関係だけではなく、社会的なパートナーです。
この研究が最初に示すことは、猫と人間との関係は、猫が育っている家でときどき毛皮つきの「子供」となっているとき、「人間同士の絆」に近いということです。
「食物が愛情の印としてしばしば使われます。人間の介護者と言語能力習得前の幼児の間で自然に見られる相互作用と、猫と人間が食物を通して行う交流は同様です。」
と、共著者ジョン・デイ氏(ウォルサム・センターのペット食事研究者)はディスカバリーニュースに話しました。
「猫と人間の幼児は、少なくとも部分的に、彼らがいつ、なにを食事するかについて管理されています。」

 研究者はカート・Kotrschal氏(the Konrad Lorenz Research Station とウィーン大学)に導かれて、長い四部の期間の間、41匹の猫と彼らの飼主との交流をビデオテープに録画し、後に分析を行いました。
猫と飼主のどのような行動・振る舞いも、記述されました。
飼主と猫の個性は、別々に行われたテストでも評価されました。
猫のテストでは、猫がそれを見たら驚くように大きなガラスの目を持つぬいぐるみのフクロウを床の上に置きました。
研究者は、彼らがしばしば他者の行動・振る舞いをコントロールしていたように、猫と彼らの飼主が互いに強く影響すると断定しました。
外交的な若い女性と活発な猫は、直立した尾の動きなどの繊細な手がかりを親愛のシグナルとして、すばらしいシンクロニシティーを楽しみました。
猫はたくさんの男性のファンを持っており逆も然りですが、この研究とその他のことは男性よりも女性が彼らの猫(雄であっても雌であっても)と交流する傾向があることを明らかにしました。
「反応としては、猫はしばしば女性の飼主に接近して、男性の飼主とするより多くの(膝に飛び乗ることのような)接触を始めます。」
と、ウィーン大学の共著者マヌエラWedl氏はディスカバリーニュースに話しました。
そして、「女性の飼主には、男性の飼主より、猫とのより強い関係があります」と付け加えました。

 猫は受けた親切を覚えていて、後で好意を返すようです。
飼主が交流したいという猫の願いに応ずるならば、猫はしばしば飼主の願望に応じます。
飼主が社会的な交流を希望する時から、猫は「この交渉において優勢」かもしれません。
人間以外の動物(例えばゴリラ)の例が他の種とくっついて孤立するが、人間が他の動物との社会的関係を持つことは大部分はユニークなようです。
猫の場合、それは非常に正当な理由です。
猫は、男性のまたは女性の親友として非常によいです。
「猫と人間の関係は、相互の引きつける力、個性互換性、交流の容易さ、遊び、愛情と社会的なサポートを持つことができます。」
と、ウィーン大学の共著者ドロシー・Gracey氏は説明しました。
「人間と猫は、互いの気持ちと好みの相互理解を示す複雑な儀式化された交流を相互に高めることができます。」

 デニス・ターナー氏(チューリッヒ-Irchel大学 動物行動学)はディスカバリーニュースに以下のように話しました。
「最新の解析手法を用いて、我々の以前の調査結果より1歩高く猫と人間の個性間の相互関係を調査した点が非常に印象深かったです。」
ターナー氏はThe Biology of Its Behaviour (ケンブリッジ大学出版局)The Domestic Catのシニアエディターでもあります。
彼と彼の同僚は「今は我々がこれらの関係がどのように機能するかについて理解する新しい面を持っています。」と付け加えました。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 猫と人間との関係がまた明らかにされたようです。何組もの猫と飼主を観察した結果、女性のほうが猫との相互交流が多かったということでしょうか。
そういえば、私の所感でも女性のほうが猫に向かって話しかけることが多いような気がします。
私含め男性にとっては少し残念な結果でしたが、猫好きは猫と一緒に暮らすだけで幸せなのだと思います。