5月は動物と親しくなる月(イギリス) 2012年6月20日20:30:00














LIST

nekositen news

5月は動物と親しくなる月(イギリス) 2012年6月20日20:30:00

5月は動物と親しくなる月

5月は動物と親しくなる月!なので、寄付やボランティアをします。


出典

http://www.pr-inside.com/payday-express-launches-be-animal-friendly-r3233588.htm

 5月は「be animal friendly」とイギリスの金融会社であるペイデイエクスプレスは宣言しました。
 5月は「be animal friendly」とイギリスの金融会社であるペイデイエクスプレスは宣言しました。
このローン会社は月ごとに異なった際立たせるトピックを決定するため、「Be委員会」にて投票します。
3月は健康である月、4月は公正取り引きを促進する月でした。
先月までの成功に続き、5月は「be animal friendly」を使用します。
これについて注意を喚起し、かつRSPCA(英国王立動物虐待防止協会)のような大きなチャリティーを支援するようにスタッフを激励し、飼猫からサーカス・ライオンまですべての動物を支援します。
また、森林、川、湖および海洋の保存により動物用自然環境を保護しているWWFを支援します。
その会社は、さらにビギンヒルの子馬飼育場のようなローカルの動物チャリティーを支援しました。
Be委員会には子馬飼育場の活動についての説明、寄付金がどれだけ使われているか、ボランティアによってなされた時間の情報を提供しています。

 サラ・キャロル氏(ペイデイエクスプレスの経営管理者)は次のように言いました。
「ペットの飼主として、私たちがこれらのチャリティー(すべての動物の安寧を支援するために行う活動)を喚起したことは素晴らしいと思います。」
「私達はそれらの活動を通じて、スタッフを奨励することが好きです。毎月のテーマにより、スタッフが寄付したりボランティア活動したりすることによって、距離が近くなります。」

 それらが動物チャリティーをスタッフがどのように支援することができるかの情報に加えて、ペイデイエクスプレスは毎週金曜日を「ドレスダウンデイ」としました。、その日に正装しているスタッフには£1を課します。
集められたお金は、その月の選ばれたチャリティーに寄付されます。5月の選ばれたチャリティーはRSPCAでした。

 動物の好きなペイデイエクスプレスのマーケティングチームは追加の募金を集めるため、瓶の中にお菓子がいくつ入っているかを当てる競争を始めました。
これには、£1で参加でき、最も数が近かった人は、菓子瓶を勝ち取ります。また、集められた資金はRSPCAに寄付されます。
ローレン・ジョンソン氏(マーケティング部助手)は、次のように言いました。
「私は動物を愛しています。それらは私の生活の大きな部分を占めます。私は、「バディ」というシーズー犬を飼っており、愛しています。」
また、RSPCAのための注意および資金によって、虐待された動物の支援に私たちが役割を果たすことができることは素晴らしいことです。」

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 イギリスの金融会社の取組みを紹介します。
月ごとにテーマを決めて実行することは面白いと思いました。
企業の社会貢献も色々な形がありますね。
日本でも同じようなことを行っている会社はあるかもしれません。