猫と犬どちらが賢い?(海外ニュース) 2012年6月16日04:30:00














LIST

nekositen news

猫と犬どちらが賢い?(海外ニュース) 2012年6月16日04:30:00

猫と犬

猫と犬どちらが賢いか・・・永遠のテーマ。


出典

http://www.huffingtonpost.com/joan-liebmannsmith-phd/the-cat-vs-dog-iq-debate-revisited_b_1572610.html

犬または猫どちらがより賢いか?
犬または猫どちらがより賢いか?
このIQ討論は、数十年間(世紀ではないにしても)犬と猫の愛好者の怒りを買っています。
また、犬は通常ワンダウン(犬だけに!犬だけに!)を勝ち取ります。
1つの理由としては、犬は猫より脳が大きいことです。

・脳のサイズについて


しかし、脳サイズは必ずしも知能に反映するとは限りません。
例えば、男性は女性より多少大きな脳を持っていますが、必ずしもそれほど利口ではありません。
また、小さな脳を持っているにもかかわらず、鳥のアレックス(有名なアフリカの灰色のオウム)は10までのオブジェクトを数えることができ、100を超えるボキャブラリーを持っていました。
これはこの鳥が犬、猫および何人かの人間を打ち負かすことができるということです。
しかし、4本足の動物中で見たところでは、より大きな脳を持っていることは、違いを生ずるように見えます。

・社交性について


オックスフォード大学の最近の研究によれば、それらがおよそ8,000年前に最初に飼育されて以来、猫の脳が実質的な変化がないままだったにもかかわらず、犬の脳は実際、絶えず成長しています。
理由としては、犬は猫より社会的です。
犬がそれらと私たちの関わる世界の複雑な事柄を処理する時間に多くを費やすので、隔たりは広がっています。
それは多くの灰白質をとります。
一方、猫は必要な場合、あるいは気が向いた時だけ他のものと対話する一匹狼です。
フォーダム大学の英国の教授および著者メアリー・ブライ氏が簡潔に言うところによれば、
「あなたが呼ぶ場合、犬は来ます。猫はメッセージを受けて、あなたに返事します。」
犬が飼主を喜ばせるために忙しく新しい芸を覚えより賢くなる一方、猫はソファー上で後ろに脱力しています。
猫の飼主は賢くなり、猫にいくつかの芸を教えるべきです。
 多くの人々が、彼らの猫を訓練することに成功しており、座らせたり、立たせたり、前足を振らせたり、さらにピアノを演奏させたりします。
何匹かの猫は、猫用トイレではなく人間用トイレを使用することを学びました。
ある猫Fazelnutは、おなかを撫でて欲しい時に回転するように訓練されています。
猫の飼主は、さらにより社会的で、協力的で、有用になるように猫を訓練することができます。
これは新しい考え方ではありません。1876年のニューヨークタイムズ中の記事によれば、詳細に家猫に精通している人々が、なぜ彼の知的能力を開発する努力がなされていないのかと時々思わなければなりません。
猫が強く敏感な知性を所有し、人類のためにそれを使用するキャパシティーがあるということは疑うべくもありません。
犬は、結局消防犬、盲導犬、救助犬、治療犬および薬、ナンキンムシおよび癌検知を助けています。
しかし、スタンリー・コーレン博士(犬についてのいくつかの本の心理学者および著者)は言います。
「私たちは盲導猫、警察猫あるいは捜索救助猫のようなものが存在すると聞いたことがありません。」
 19世紀後半にベルギーの家猫地位向上協会は、リエージュから隣村へメッセージを送って返すことを伝書バトではなく猫を使用することを提案しました。
ニューヨークタイムズによれば、メッセージは防水バッグに入れられ、37匹の猫の首のまわりで固定されました。
最初の猫は5時間未満でその目的地に到着し、残りはすべて24時間以内に到着しました。
伝書バトははるかに迅速でしたが、郵便の猫ははるかにかわいかったそうです。

・猫に有利な点について


犬は、通常ほとんどの動物IQテストで猫より技量が上であり、より大きなボキャブラリーおよびより大きな脳があります。
しかし、犬好きはあまり自己満足に浸るべきではありません。
猫は犬と比べて大脳皮質に約2倍のニューロンを持っています。
大脳皮質は学習とメモリを司る脳の部分と考えられています。
猫には3億のニューロンがあります。その一方で犬には1億6000万だけがあります。それは猫が犬より情報処理に対する大きな能力を持っていることを意味します。
 何人かの猫の知能の専門家によれば、猫は犬ほど賢いと言います。
「猫には犬とは異なるタイプの知能があります。犬と異なり、猫は自活することができます。
「食物を探すか、さらに訓練することを他のものに依存する必要はありません。」
「彼らの好奇心旺盛な気質は用心深い振る舞いによって調節されています。これらは高い知能の証拠です。」
 アデレードのサウスオーストラリア大学の研究者は、犬の飼主に泡を吹かせる新しい現象について記述しています。
猫と異なり、犬は過度に飼育され、かつ人間に依存するようになっており、したがって、自分のために考え、かまうことができないと主張します。
その結果、社会タスクにおいて優れているが、これらの過度に甘やかされたペットは他の重要な問題解決の技術を失っており、荒野で残存するのに苦労するだろうと述べています。

・飼主の比較・・・


イギリスのペット所有者に関する調査は犬の飼主をさらに熱くするかもしれません。
イングランドのブリストル大学の研究者により調査されたところでは、確かに猫の飼主は犬の飼主より利口だそうです。
少なくとも、それらは、大学程度あるいは高級学位を持つ可能性がありそうです。
しかし、アメリカの犬の飼主には、これらのイギリスの研究者と逆の見解があります。
最も最近のアメリカの獣医医師会ペット所有権調査によれば、米国では、高学歴の可能性がありそうなのは犬の飼主です。
したがって、猫と犬の戦いは継続します。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 いかがでしょうか、荒れそうなこの話題!皆さんの予想どおり決着はつきませんでした。
長文でしたが、面白い話もありました。
猫を伝書鳩代わりに使ったことがあるとは思いませんでした。

しかし・・・猫と犬いろいろなことで比較されています。飼主まで比較されるとは・・・
私も、もし犬猫調査員が来たときには、部屋を綺麗にしてスーツ着用で行儀よく受け答えすることとします。
他の猫愛好家の足を引っ張らないために頑張りますよ!