ペットシェルターとウェブサイトの取組み(アメリカ) 2012年6月15日22:00:00














LIST

nekositen news

ペットシェルターとウェブサイトの取組み(アメリカ) 2012年6月15日22:00:00

マヤとサディー

猫迎え入れ促進のため、ウェブサイトで宣伝


出典

http://portwashington-wi.patch.com/articles/video-9a36eb1e#video-10316067

迎え入れ可能な猫を紹介します。
迎え入れ可能な猫を紹介します。
こちらの猫はあなたが2匹一緒に迎え入れてくれることを望んでいます。
加えて6月の毎週水曜日にはディスカウントできます。

パッチウェブサイトおよびウィスコンシン愛護協会Ozaukeeキャンパスは協力して毎週迎え入れ可能な動物を紹介しています。
これらの写真にざっと目を通して、迎え入れ可能な猫のビデオをチェックしてください。
また、パッチは毎週動物たちの特集を組むでしょう。
利用可能なペットはウィスコンシン愛護協会のウェブサイト上で披露されます。

今週の目玉は1組の猫マヤおよびサディーです。
こちらの猫はあなたが2匹一緒に迎え入れてくれることを望んでいます。
また、迎え入れは水曜日がお得!
6月から毎週水曜日は25パーセント引きです。
6月は、そう!シェルター猫を迎え入れる月です。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 ウェブサイトと連携してペットの受け入れ先を探すのはアメリカでは当たり前なのでしょうか?
私などが見ると、特徴的で斬新しかも未来的な感じさえ受けます。
海外では動物保護に力をいれている所も多いので、受け入れ先を探すのも多種多様な方法で行うのでしょうか。
出典元にビデオもあります。司会の女性も明るい感じで、1組の猫について説明されています。