田代島の紹介(海外ニュース) 2012年6月5日1:20:00














LIST

nekositen news

田代島の紹介(海外ニュース) 2012年6月5日1:20:00

田代島の猫

猫で有名な田代島、海外ではどのように紹介されているでしょうか


出典

http://petslady.com/articles/cats_outnumber_humans_japans_cat_island_0

 田代島(宮城県石巻市の小島)は猫が人間より多く住んでいます。
 田代島(宮城県石巻市の小島)は猫が人間より多く住んでいます。
何世紀も前に養蚕を脅かしたげっ歯動物に対処するため、この島に住むようになりました。
彼らがよい仕事をしたために、猫は縁起物として扱われるようになりました。島の中心には猫神社もあります。
19世紀終わり頃になると、島の生計が養蚕から漁業に変わりました。
彼らはドックで魚の切れ端を島人に求めたりして楽しみました。半家猫にとっては素晴らしいことでした。
漁師は、猫を見ることで天候を予言し漁況を予測したといいます。

 過去50年にわたって、日本の北東の海岸に沿ったこの小さな島の人口母集団は、90%減少し、100人未満になりました。これらの人々のほぼすべては60歳以上です。
島の存続は脅かされると考えられます。
しかしながら、猫は非常にうまくやっています。多くの人々が、猫を世話するのを支援しています。
1人の女性は、米と卵の毎日の朝食を提供しています。
また、彼女の料理はおいしいに違いありません。というのは、猫は料理を配られる彼女の家の戸口で並ぶからです。

 日本では多くの小さなコミュニティーが、大きくより重要な都市になるため、質を向上しそれらをプロモートしていくでしょう。
田代島は猫を引き立てて見せ、フェリーは猫に会いにきた観光客を乗せてきます。
人々は、さらにテーマを増強するために猫形の宿屋と離れ屋を組み立てました。

 2011年3月11日に、地震および後の津波が襲った時、田代島の居住者(両方の人々および猫)は幸運な方でした。
島の居住地域は津波の高さより高く、地震からの損害はかなりありましたが、全員無事でした。
しかし、物資供給のヘリコプターが到着するまでの11日間、危険な不安定な生活を送りました。
災害の余波の中、日本中の人々がその物語により島人に何百万円も寄贈しました。
資金は愛をこめて「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト」と呼ばれました。
島人は、資金を使用する方法をまだ決定していません。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 テレビなどでおなじみの田代島のことが海外サイトに載っておりましたので、記事にしてみました。
60歳以上のかたがほとんどということで、私も自分の故郷を思い出しました。地方が発展し生き残っていくのは素人の私が考えても大変なことだと思います。
田代島は私も一回は行ってみたい所です。海外でもこのように記事になっていれば、いずれ海外からも観光客を呼び寄せることができるかもしれません。