野生の猫から家猫へ・・・いつ頃から? 2012年5月30日05:10:00














LIST

nekositen news

野生の猫から家猫へ・・・いつ頃から? 2012年5月30日05:10:00

エジプト

古代エジプト人がオリジナルの猫の飼育者だった!


出典

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2150640/How-Pharaohs-gave-cat-Egyptians-breed-domestic-moggie-claim-scientists-say-solved-veterinary-mystery.html

 どのようにして野生の猫が私たちの友達である家猫となったかは長く議論されていました。
 どのようにして野生の猫が私たちの友達である家猫となったかは長く議論されていました。
エジプトの猫のミイラの遺伝子構造を分析した研究者は、このミステリーを解決したかもしれません。
墓で見つかった、儀式として虐殺された動物のDNA研究の結果は、私たちが古代のエジプトの人々に家猫について感謝しなければならないことを示唆しています。
サンデータイムズによれば、カリフォルニア・デイビスの大学の科学者が「猫の最初の飼育者がエジプト人である」との研究を公表しました。
考古学の科学のジャーナルの中で公表された論文では、猫を生贄として供給するため、エジプト人が大きな猫の飼育場を持っていたと主張します。
ジェニファー・クルシマ氏(日系の方でしょうか?)(カリフォルニア・デイビス大学の科学者)によって率いられたプロジェクトは、次のように言いました。
「現代の猫はファラオの時代まで系図を辿ることができます。」
「エジプト人は多分最初の猫の飼育者だったでしょう。猫を家畜化する重要な過程はエジプトにて行われました。」

 エジプト人は猫を崇敬しました。
また、それはBC4000年の古代のエジプト芸術に特に強く表されています。
それらは、マフート神(危険動物から保護してくれる女神)やもっと有名なバステト神(美と女性と肥沃の女神)のような猫の女神を崇拝していました。
2200年以上前にエジプト人が家猫の先祖を生贄にしたのは、これらの2人の女神にでした。

 研究の目標は、ずっと前に、人間がそれらをどのようにペットに変えたか捉えるため、ミイラになった猫および現代の猫と、野生の猫の間の遺伝的類似性を見つけることでした。
クルシマ氏とチームは墓で見つかった、3匹のミイラになった猫からミトコンドリアDNAを抽出し、それを現代の野生の猫および家ネコからのサンプルと比較しました。
クルシマ氏は次のように言いました。
「何百万もの猫ミイラがエジプトの至る所で提示され埋められました。」
「奉納供物の需要を供給するために、猫の飼育場は虐殺用の多くのネコ科の動物を育てるために確立されました。」

 猫は抱き締めたいような毛皮および大きな仲間関係のためにだけでなく長い間ポピュラーな家庭のペットです。
抱き締めたいような毛皮および強い仲間関係のためだけではありません。
それらの害虫狩猟技術により、約4000年前に北アフリカでポピュラーなペットとなり、逆に中世では、「魔女」また「悪魔」に関係しているとして退治されました。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 猫はエジプトから世界各地に伝わったと聞いていたので、家畜化したのもエジプトかと思っていましたが、これについて議論されているということは、科学的に確たる証拠がなかったのでしょうか。
今回のDNA検査にて議論に終止符が打たれればいいですね。
記事中のクルシマ氏ですが、インターネットで検索してみると、ご本人と思われる画像が検索できます。