井戸から猫を救助(海外ニュース) 2012年5月23日06:00:00














LIST

nekositen news

井戸から猫を救助(海外ニュース) 2012年5月23日06:00:00

猫救助時

25フィートの暗闇の井戸からの泣き声が救助の口火を切る。イェイツヴィル


出典

http://www.thomastontimes.com/view/full_story/1675344/article-Cat-039-s-Meow-Cry-from-well-leads-to-rescue?

 2人のいとこ、エラ・ブラウンおよびグローリア・モーリスは両方とも、ペットの猫が行方不明でした。
 2人のいとこ、エラ・ブラウンおよびグローリア・モーリスは両方とも、ペットの猫が行方不明でした。
モーリスの猫「オッド」は1ヶ月、ブラウンの猫「ブローニー」は2週間行方不明でした。
その後、誰かが井戸から猫の鳴き声を聞き、その話は結束の強いコミュニティで瞬く間に広がりました。
ビリー・リー、イェイツヴィルボランティア消防隊アシスタントチーフとロックヒルのボランティアは呼び出しに答えました。必要な設備を準備し、リーは井戸の中を降りていきました。

 先週リーは、救助できて嬉しいと言いました。
彼が消防士として行ったトレーニングのおかげで、井戸の中へは降りていくのは初めてではありませんでした。
彼および他のボランティアは、犬と鹿の両方を同じ井戸から救助したことがあります。
リーは言います。「人間でも動物でも救助は救助です。」
別のトレーニングの機会でもあり、彼のイェイツヴィルの隣人を助ける機会でもありました。

 井戸を降りていくと、リーは水の上の棚に乗ってびっくりしている動物を発見しました。
彼は2回ほど私に対して拒否反応を示しましたが、やがてこちらに向かってきました。
彼が動物を井戸から救助すると、それは「ブローニー」でないと判明しました。それは「オッド」でした。

 モーリスは言います。「私は「オッド」は大変長く姿を消していたため、もう死んでいるものと思っていました。」
私たちは井戸の中の猫が「ブローニー」だと思っていましたので、「オッド」を見たときは衝撃を受けました。
「オッド」は今、彼の家で無事に暮らしています。

 では、「ブローニー」はどうなったのでしょうか
幸運なことに「ブローニー」は2日前に無事家に帰ってきたそうです。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 猫が井戸から無事に救助できてよかったですね。
この猫ちゃんは1ヶ月水のみで暮らしてきたことになります。
そうとう体も衰弱していたと考えられますが、なんにしても回復してよかったです。
私の田舎も古い井戸等あったので、田舎の井戸を想像してしまいましたが、海外の井戸はまた違う形なのでしょうね。