ヨーロッパで初の猫カフェがオープン(海外ニュース) 2012年5月21日03:30:00














LIST

nekositen news

ヨーロッパで初の猫カフェがオープン(海外ニュース) 2012年5月21日03:30:00

猫カフェ

ヨーロッパで初の猫カフェがオープンしました。


出典

http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2012\05\20\story_20-5-2012_pg9_2

関連動画:ヨーロッパ初の猫カフェの動画
関連動画:ヨーロッパ初の猫カフェの動画

 それは一味違ったカフェです。
あなたの横柄なホストはなんの努力もしませんが、その場の主であるかのように歩き回ります。
また、あなたのコーヒーに奇妙な毛がはいることが、ひょっとしたらあるかもしれません。
デイリーメールより

 今月の初めにヨーロッパで最初の猫カフェがオーストリアにオープンしました。
お客様がティーやラテを飲んでいる間、そこの住人である猫ソニア、トマス、モリッツ、ルカおよびももは、お客様の膝に乗るか彼らの椅子の下でごろごろと言っています。

 47歳のタカコ・イシミツさんはそのようなカフェが珍しくない日本から来ました。
日本の人々は住んでいるアパートがペット禁止等の理由で、動物との関りを求めてペットカフェに通うようになりました。
カプチーノを買うだけで猫を見て、猫と遊び、彼らは満足することができます。
東京だけで少なくとも39の猫カフェが存在します。特殊なタイプとしては、黒猫がいたり、太っている猫がいたりします。

 タカコが猫カフェをヨーロッパで始めたのは、猫を飼いたいと思っても、スペースやお金の面で諦めている方に心地よさを提供するためだと言います。
各々の猫は各地のペットシェルターから救ってきました。
タカコはこの猫カフェ「カフェネコ」をオープンするにあたり、衛生問題で市役所と交渉し、これに3年費やしたそうです。

※翻訳は100%保障するものではありません。
また、日本では状況等違う場合がありますので、ご注意ください。
より完璧に理解したい方は出典元をお尋ねください。

-サイト管理者の感想-


 私は実は猫カフェに行ったことがありません。
猫をすぐに構いすぎる傾向にあるので、怖くていけないのです。
家では、自分の猫を引っくり返して顔を埋めたりしています。
正直に言うならば、私はフーターズに行きたいです。